ホーム > mixiニュース > トレンド > 「ほっともっと」プレナス赤字

「ほっともっと」のプレナス、赤字 東証1部上場後は初

244

2019年01月13日 08:54  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 弁当チェーン「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡市)は11日、2019年2月期の業績見通しを下方修正した。従来の営業損益は13億円の黒字を見込んでいたが、6億円の赤字に転落。純損益もゼロから15億円の赤字になる。通期での赤字はいずれも、2002年に東証1部に上場して以来初めてという。


 プレナスの下方修正は今年度で2度目。売上高の見通しも従来の1587億円から1539億円に下げた。既存店舗の売り上げが想定したほどに伸びず、メニューを刷新して高まった原価などを吸収できなかった。店舗閉鎖に伴う損失も重荷となった。(田幸香純)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 買うのは毎回『肉野菜炒め弁当おかずのみ』(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 【ほっともっと】は、営業時間22時までの店に21:40に着いて【間に合って良かった】と思ったのに、店員に【もう片づけを始めてしまったので作れません】と言われて以来、一切行っていません。
    • イイネ!99
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(176件)

あなたにおすすめ

ニュース設定