ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 相手のために装う!およばれ時の愛されファッションのコツ

相手のために装う!およばれ時の愛されファッションのコツ

0

2019年01月13日 19:31  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

普段は自分らしいファッションを選ぶことができる女性も、いざ、およばれのシーンとなると「何を着ていこうか」と迷うのではないでしょうか?

普段のファッションは「自分のため」ですが、およばれ時は、「相手のため」という視点が必要です。

元ハイブランドショップの店長で、ミニマムリッチコンサルタントの筆者が、およばれ時の「愛されファッション」のポイントをお伝えします。

■一見、普通だけれど品がある

相手より華美にならないように気をつけましょう。身だしなみの3原則、「清潔感」「控えめ」「調和=その場で浮かないこと」とTPOを再確認します。

デザインがベーシックで、素材が上質なものを選ぶと間違いないでしょう。古びたもの、くたびれたものはNGです。できれば、クリーニングから返ってきたばかりのものを身につけましょう。

■定番ブランド

昔から長く愛されている定番ブランドには、「信頼感」と「安心感」があります。定番とは、長年「全世代に愛されてきたスタイル」ですから、迷う時は定番ブランドを選ぶと間違いないでしょう。

「およばれ時」には、どんな方から見ても好印象であることが大切です。例えば、洋服なら「FOXY」や「ラルフローレン」、時計なら「ショパール」、靴なら「フェラガモのヴァラ」などです。

■パンツよりスカート、ワンピース

およばれ時には、「フォーマル」を意識します。パンツよりはスカート、セットアップよりワンピースの方がフォーマルなスタイルになります。

着回しができるものほど、カジュアルなアイテムだと覚えておいてください。ですから、何にでも合うジーンズは、カジュアルの代表です。およばれ時のフォーマルな服装は、相手への敬意を形から伝えることができます。

愛される女性は、相手への敬意や感謝を見た目で伝えることができています。信頼関係を築くための服装を意識しましょう。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子 株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定