ホーム > mixiニュース > 地域 > 強殺事件「死刑でも金欲しい」

「死刑でも金欲しい」=16年前の強殺事件−警視庁

442

2019年01月23日 15:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真送検のため警視庁西新井署を出る川瀬直樹容疑者=23日午前、東京都足立区
送検のため警視庁西新井署を出る川瀬直樹容疑者=23日午前、東京都足立区
 2002年12月、東京都足立区のアパートで会社員成嶋健太郎さん=当時(23)=が殺害された事件で、強盗殺人容疑などで逮捕された川瀬直樹容疑者(47)が「死刑になってもいいから金が欲しかった」と話していることが23日、警視庁西新井署捜査本部などへの取材で分かった。

 捜査本部は同日、川瀬容疑者を送検。殺害に至った経緯などをさらに詳しく調べる。

 捜査本部によると、川瀬容疑者は昨年12月に警視庁浅草署に出頭した際、任意の聴取に対し成嶋さん殺害を認め、事件を起こせば死刑になるかもしれないという認識があったと話した。

 一方で、「やらざるを得ないくらい切羽詰まっていた」「寒さと空腹に耐えかねた」などと、金に困っていたことを説明したという。

 川瀬容疑者は事件当時、現場近くの公園で野宿していたが、事件後はホテルや短期賃貸マンションに滞在していた。捜査本部は奪った金を宿泊費などに充てていたとみて調べている。

 同容疑者は02年12月21〜22日、成嶋さんを殺害し、財布などを奪ったとして逮捕された。「アパートに単身者が多いと知っていた。インターホンを片っ端から押して出てきた人を襲った」と供述しており、刃物を用意してアパートを訪れ、たまたま対応した面識のない成嶋さんを襲ったとみられる。 

このニュースに関するつぶやき

  • 三高vs三平 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59333
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 被害者からすると「死ぬくらいなら金渡す」だっただろうに。
    • イイネ!361
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(325件)

あなたにおすすめ

ニュース設定