ホーム > mixiニュース > 地域 > 帰還困難区域で窃盗500件関与?

帰還困難区域で窃盗容疑=64歳男、500件関与か−福島県警

93

2019年01月24日 00:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真福島県大熊町に設置された防犯カメラに映る窃盗容疑などで追送検された男の姿(福島県警提供)
福島県大熊町に設置された防犯カメラに映る窃盗容疑などで追送検された男の姿(福島県警提供)
 東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域に指定された福島県双葉町の民家でSDカードを盗んだなどとして、県警双葉署が窃盗容疑などで、住所不定の無職風間悟被告(64)=銃刀法違反罪で起訴=を追送検していたことが23日、分かった。追送検は18日付。同被告は約500件の窃盗や民家への侵入について認める供述をしており、県警が裏付けを進めている。

 県警捜査3課によると、風間被告は2017年9月ごろから4回にわたり、迷彩柄の服を着て帰還困難区域に無許可で侵入。空き家に寝泊まりしながら徒歩で移動し、1回につき2〜3週間窃盗を繰り返していた。「金目的でやった。人が帰ってくる心配がなかった」と話しているという。

 追送検容疑は昨年7月中旬ごろと10月中旬ごろ、帰還困難区域内の双葉町や大熊町の民家に侵入し、SDカードなど2点(計3300円相当)を盗むなどした疑い。

 風間被告は昨年10月23日、大熊町内で模造刀のようなものを振り回したとして現行犯逮捕され、同年11月に銃刀法違反罪で起訴された。 

このニュースに関するつぶやき

  • 12年に訪れた富岡駅前とか、津波かぶった家財一式ほったらかしだったもん。そりゃ双葉町(更に1F寄り)で窃盗に合わない方がおかしいわ。次の原発事故までには政府が対策考えなきゃ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 昔から火事場泥棒は最も軽蔑される。苦難の続く方々への思いは欠片もないのか。
    • イイネ!65
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(69件)

あなたにおすすめ

ニュース設定