ホーム > mixiニュース > 海外 > 中国海洋石油、設備投資目標を引き上げ 14年以来の規模に

中国海洋石油、設備投資目標を引き上げ 14年以来の規模に

0

2019年01月24日 12:32  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[北京/シンガポール 23日 ロイター] - 中国国有石油・ガス生産大手の中国海洋石油(CNOOC)<0883.HK>は23日、今年の設備投資目標額を700億─800億元(約103億─118億ドル)と、2014年以来の規模に引き上げると発表した。18年の設備投資額は推計630億元だった。


中国政府はCNOOCに対し、旺盛な原油需要と老朽油田の生産減に対応するため、国内の探査活動を増強するよう求めている。これに対し、CNOOCは先週、今後7年間で探査活動と石油・ガスの確認埋蔵量を倍増させる方針を表明した。


CNOOCによると、19年中にナイジェリア・エギナ油田や南シナ海の恵州「32―5」油田などを含めた新規事業6カ所で操業を開始する予定。


また19年の石油・ガス生産量は、合計で4億8000万─4億9000万バレル(石油換算)と、18年の4億7500万バレルから増加すると見込んだ。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定