ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 卒業後のランドセルの使い道

小学校6年分の思い出がたっぷり!卒業後に使わなくなった「ランドセル」の使い道

217

2019年01月24日 19:02  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
小学校を卒業すると、使わなくなるのがランドセルですよね。小学校に入学してから、6年間という長い月日の苦楽を共にしてきたので、愛着があるという子どもやママもいらっしゃるのではないでしょうか。でも問題になるのが、保管場所ですよね。しかし、ランドセルのその後の使い道が決まったら、おのずとわが家がどうしたいかという答えが見えてくるかもしれませんよ。

卒業後のランドセル、保管?それとも処分?



小学校の卒業式が済むと、中学校の入学準備へと少しずつ生活もシフトしていく時期です。まだ部屋の片隅、押入れやクローゼットに、しまったままという方もいらっしゃるのではないでしょうか。どうするか悩んでいるのかもしれませんが、今後のランドセルの扱いについて、ママたちの声を参考にさせてもらうことにしましょう。

保管していても使わないから処分しました!

『長男、次男ともに即処分』
『中二になったとき捨てた』
『ランドセルの写真を撮って捨てた』
処分したという方でも、捨てた時期に少しずつズレがあるようですね。まだどうするか決められない! という方は、ひとまず保管期限を設けて、期日までに子どもと再検討してみるのもいいかもしれません。

「思い出のアイテム」と一緒に保管します!


『中に成績表とか、思い出になるものを詰めてとってある』
『ランドセルには、友達からの寄せ書きがあるから、思い出としてとっておく』
『私自身のランドセルがまだ実家に置いてあるけど、ひび割れて無残なことになってた』
子どもが描いた絵や作文など、成長の過程がわかる何かと保管しておくのもいいですね。ランドセルに寄せ書きをしてもらうというコメントには、驚いたという方もいらっしゃいました。

ランドセルを違う形でよみがえらせる方法がある!?


ママスタBBSには
『思い出に取っておきたいけど、大きくて場所取るよね』
という保管に関するお悩みコメントも。たしかにあの大きさのものを、そのまま保管しておくのは場所ばかりとられて、いずれ処分せざるを得なくなるときがくるかもしれません。でも、そんなお悩みを解決してくれる方法があるので、合わせてご紹介します。

リメイクすれば日常的に使えるアイテムに大変身!

『小さいランドセルと、小さめの鞄に作り替えて子どもたちに渡す』
『手帳にしてあげたい』
6年間を一緒に過ごしてきたアイテムを、そう簡単に手放せないという方もいらっしゃるでしょう。最近は、わが子が使っていたランドセルから使える部分をカットして、長財布やパスケースにリメイクする方法も人気があります。ランドセルは、牛革やクラリーノといった革を使って作られています。何かに加工して、思い出と一緒に保管するのも、また違った風合いが楽しめていいですね。

わが子のランドセルが海を渡る?海外の子どもたちへ寄付

『よその国に寄付する方法もある』
わが子が愛用していたランドセルを、海外の子どもたちへ寄付することができます。各団体への連絡や送付が必要な場合がありますが、異国の地でランドセルを心待ちにしている子どもたちがいるのですね。捨ててしまうのは気がひける…… という方は、諸外国の子どもたちに協力できる道を考えてみてもいいかもしれません。

わが子が愛用していたランドセルともなると、ママやパパたちにとっても思い出深いアイテムなのではないでしょうか。そのまま保管するだけではなく、リメイクしたり、海外の子どもたちに寄付したりして、また別の道を歩ませることができます。まだどうするか決めかねているという方は、ぜひ親子で相談してみてくださいね。

文・藤まゆ花 イラスト・なかやまねこ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 卒業後に使わなくなったランドセルの使い道 5年の頃もう体型にあわなくなり壊れたのでバックパックにした。 多分捨てたと思う。
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • うちは二人とも海外への寄付を選びました。おりおりに、「あのランドセルどんな子が使ってくれたかなあ」とか思うのも、なかなか良いものでしたよ
    • イイネ!82
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(117件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定