ホーム > mixiニュース > トレンド > avexが六本木に新たなクラブ「SEL OCTAGON TOKYO」 静脈認証で身分証や現金要らず

avexが六本木に新たなクラブ「SEL OCTAGON TOKYO」 静脈認証で身分証や現金要らず

0

2019年01月31日 12:40  KAI-YOU.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

KAI-YOU.net

写真 avexが六本木に新たなクラブ「SEL OCTAGON TOKYO」 静脈認証で身分証や現金要らず
avexが六本木に新たなクラブ「SEL OCTAGON TOKYO」 静脈認証で身分証や現金要らず
エンターテインメントやアート、テクノロジーの要素を兼ね備え、新たなナイトカルチャーを創出するクラブ「SEL OCTAGON TOKYO」が2月7日(木)、六本木にオープンする。

【avexが六本木に新たなクラブ「SEL OCTAGON TOKYO」 静脈認証で身分証や現金要らずの画像・動画をすべて見る】

運営はエイベックス・エンタテインメント。施設は超音波を取り入れた音響理論「3D SOUND」を導入。国内クラブでは最大数となる10台のレーザーを配備して、鏡面仕様の壁面にレーザーを反射させて空間を演出する。

エンターテインメント施設では国内初という静脈認証を採用。一度登録すれば、次回以降エントランスでのIDチェックが不要になるだけでなく、決済も可能なため、身分証や現金を持たずに遊ぶことができる。




「SEL OCTAGON TOKYO」とは





訪日外国人観光客数の増加、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を背景に、ナイトシーンのさらなる活性化を目指したエイベックス・エンタテインメントが展開する「SEL OCTAGON TOKYO」。

場所は、六本木・東京ミッドタウン前。店内は「MAIN FLOOR」「GALLERY BAR」「VIP AREA」で構成される。世界トップアーティストによる音楽、ハイクオリティな食とサービスなどを提供する。



メインフロアの音響は、VOID社のサウンドシステムを「SEL OCTAGON TOKYO」の空間に対して調整。バーにはサウンドデザイナーの草分けであり、音響監督のkatsuyuki setoさんプロデュースのもと、最新のテクノロジーが生み出した音響理論「3D SOUND」を世界初導入する。

鏡面仕様の壁面に反射する10台のレーザーを操るのは、ライティング&レーザーアーティストの第一人者・AIBAさんだ。



なお、グランドオープンの2月7日(木)から10日(日)までの4日間は、グランドオープニングパーティとしてスペシャルラインナップでの営業となる。

ラグジュアリーな食へのこだりとアート展示も





「SEL OCTAGON TOKYO」は月曜日から水曜日がバー営業、そして木曜日から土曜日はクラブ営業となる。

クラブ営業では、木曜日は国内人気DJを、週末はそれに加えて世界中のビッグフェスのヘッドライナーとして活躍する世界トップクラスのアーティストらを招聘するとしている。

なお、オープニング当日は「Ultra Music Festival」はじめ世界のフェスでメインを張るDJ・プロデューサーのNicky Romeroさんが出演。

彼は日本のバンド・SEKAI NO OWARIの大ヒット曲「Dragon Night」を手がけたことでも知られている。

ほかにも、「XEX(ゼックス)」をはじめとした数多くのラグジュアリーレストランを運営するワイズテーブルコーポレーションとコラボレーションする食など、提供される様々なサービスも気になるところ。

さらに「VIP ENTRANCE」「GALLERY BAR」には、世界的アーティストによる絵画や彫刻、インスタレーションなどを季節ごとに展示して、ギャラリーとしての一面もあわせ持つ。

「SEL OCTAGON TOKYO」は「クラブ」と一言では表現できないほど、デジタルテクノロジーを体験できる施設になりそうだ。静脈認証、いち早く体験したくなってきた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定