ホーム > mixiニュース > トレンド > 消える魔球に大反響! 野球盤の進化を取材

消える魔球に大反響! 野球盤の進化を取材

1

2019年02月02日 08:01  ヒトメボ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ヒトメボ

写真野球盤の誕生と進化
野球盤の誕生と進化
1970年代や1980年代、多くの男の子が持っていたのが「野球盤」です。ピッチャー側はパチンコ玉に似たボールを発射し、バッター側はバットを回転させて球を打つ、というもの。シンプルな仕組みでしたが、本物の野球さながらの駆け引きが楽しめることで人気を博しました。今回は、この野球盤が登場したきっかけや反響の大きかったシステムなどについて、『株式会社エポック社』に取材しました。

遊べる文具にTVゲームの要素をミックス。 『エスパークス』の開発秘話を聞いた!


■野球盤は1958年に誕生!
『野球盤』が誕生したのは1958年(昭和33年)でした。エポック社によると、現在の社長・前田道裕氏の父である前田竹虎氏が、戦後の娯楽の王様だった野球に着目して開発し、その野球ゲームを作る会社としてエポック社を創業しました。

当時、アメリカには「パチンコゲーム」のような野球ゲームはありました。しかし、「球を投げる」「球を打つ」といった、実際の野球の一挙手一投足を反映した対戦型の野球ゲームは存在しませんでした。そこで前田竹虎氏は、バネを利用して球を発射したり、ゼンマイを使ってバットを回転させたりして野球の動作をリアルに再現し、現在まで続く野球盤の1号機を完成させました。



■やはり「消える魔球」はすごかった!
野球盤は年を重ねるごとに新しい機能を追加して進化しています。特に、1971年の野球盤から搭載されるようになった「消える魔球機能」は、市場の反響が非常に大きかったといいます。

当時大人気だった漫画『巨人の星』に、「大リーグボール2号」という消える魔球が登場しました。この消える魔球を野球盤でも再現できないか?ということで開発されました。社長から「野球盤の球を消しなさい!」と命じられたという逸話が残っているそうです。



■累計300万台以上も売れたモデルもある
1958年から現在までに野球盤は約70機種が登場し、累計1,400万台以上を販売しています。その中でも特に人気の高かったシリーズが、1974年に発売された「野球盤AM型」シリーズです。約10年間で累計300万台以上も販売されました。



最も多く販売されたのはAM型シリーズですが、以降もさまざまな新機能を搭載した人気シリーズが登場しました。例えば、1982年発売の「パーフェクト野球盤A型」は、人気の人工芝にスピードガン機能など、パーフェクトの名にふさわしいシリーズでした。現在40代の人は、このシリーズで遊んだ人が多いでしょう。



1988年に発売された「ビッグエッグ野球盤」も画期的なシリーズでした。東京ドームの開場に合わせて発売されたドーム型の野球盤で、電動で球を打ち出す機能を搭載しているため一人でも遊ぶことができました。現在30代の人は野球盤といえばこのシリーズが頭に浮かぶのではないでしょうか。



2008年に発売された「野球盤ACE」では、新たな魔球「雷神球(ライジングボール)」が搭載されました。ホームベース直前でボールが浮かび上がり、空振りを奪うというもので、消える魔球との2本立てでバッターを翻弄しました。



■2010年モデルで大きく進化
2010年の「野球盤スラッガー」から「高反発バット」を新たに搭載し、打球が実際にアーチを描いてスタンドインするようになりました。2015年の「野球盤3Dエース」からは、ボードの上を転がすだけだった投球も空中を飛ぶ「3Dピッチングシステム」へ進化しています。



2018年の「野球盤3Dエース モンスターコントロール」ではさらにこれを洗練させ、ピッチャーはストライクゾーン9コースを投げ分けできるようになりました。



また、さらに精密な投球を楽しめるように、球速と投球コースを瞬時に計測し、電光掲示板にグリッド表示する機能も搭載しています。実際に投球したボールのデータを集計し、試合終了後には全ての配球が確認できます。



近年のデータ野球さながらに、試合データを振り返って次のゲームに生かすことが可能となり、本物の野球のような駆け引きが楽しめるようになっています。昔遊んでいた人も改めて楽しめそうですね。


野球盤の登場から、反響の大きかったシステムや最新の野球盤までを取材しました。やはり「消える魔球」は大きな反響があったようですね。確かに遊んでいる子どもたちも、いきなり地面がガコッと開いて球が吸い込まれていく様には興奮したものです。最新の野球盤は消える魔球以上に大きく進化しています。子どもの頃に遊んでいた人も、その進化にはきっと驚くでしょう。

取材協力:株式会社エポック社
https://epoch.jp/

エポック社の『野球盤』
https://epoch.jp/ty/yakyuban/


<<画像クレジット>>

Photo(C)EPOCH

(中田ボンベ@dcp)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定