ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > MF香川真司、加入会見で抱負

鮮烈デビューの香川真司、加入会見で抱負「一つでも上の順位に」

16

2019年02月05日 21:44  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ベシクタシュ加入会見に臨んだ香川真司 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
ベシクタシュ加入会見に臨んだ香川真司 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
 ドルトムントからベシクタシュへレンタル移籍したMF香川真司が、5日に加入会見に臨んだ。

 香川は加入会見に先駆けて、すでにベシクタシュでデビュー。3日に行われたスュペル・リグ(トルコ1部)第20節のアンタルヤスポル戦で81分からピッチに立つと、82分にドリブルシュート、84分に直接FKを決めて鮮烈な印象を残してみせた。

 そして5日、加入会見に臨んだ香川。「ここに来られたことが幸せですし、着いた日からサポーター、選手、イスタンブールの街、全てのみんなが僕にしてくれるやさしさに感動しています。必ずここでチームの勝利に貢献して、ベシクタシュというチームを一つでも上の順位に上げられるように頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と抱負を語り、新天地の印象を以下のように語った。

「イスタンブールという街は誰もが素晴らしい街だと(言います)。長友と話をしても、彼は『非常に素晴らしい街だ』と情報をくれました。(ドルトムントで)チームメイトだったヌリ・シャヒンやイルカイ・ギュンドアンも、イスタンブールは素晴らしい街、ベシクタシュは素晴らしいチームだと言っていました。この街での生活も非常に楽しみにしています。食事も非常に美味しいですし、海もあって美しい街だと思っています」

 そして香川は「ベシクタシュは歴史のあるクラブで、スタジアムとファンが非常に素晴らしい。所属している選手のクオリティーも非常に高いので、少しでも力になれるように、みんなと一緒に戦っていきたい。土曜日の試合が非常に楽しみです」と、9日に控えた第21節のブルサスポル戦を見据えていた。


このニュースに関するつぶやき

  • 本田と香川はもう自由にやっていいですよって感じだね。どうでもいいね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 香川はリラックスしてプレーした方が色んな引き出しを見せることが出来る。日本代表となるとどうしても重く捉え過ぎてしまい硬くなり平凡になりがちだった。トルコはブンデスより下だし香川もいい意味で上から目線で余裕がある。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

ニュース設定