ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 【アベンジャーズ】すべて初公開映像!『エンドゲーム』新予告のセリフの意味とは?

【アベンジャーズ】すべて初公開映像!『エンドゲーム』新予告のセリフの意味とは?

1

2019年02月07日 17:12  ウレぴあ総研

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真 ©2019 MARVEL
©2019 MARVEL
『アベンジャーズ/エンドゲーム』が2019年4月26日(金)日米同時公開。

【動画】『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告編

最新映像が米スーパーボウルにて公開。

同時に日本語字幕版も公開されました。

■最新映像がスーパーボウルで初公開

「アベンジャーズ」シリーズがついに完結。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』が2019年4月26日(金)に日米同時公開されます。

『インフィニティ・ウォー』衝撃のラストから1年。

未だ謎に包まれた映画の最新映像が、米国最大のスポーツイベント、第53回スーパーボウルにて公開されました。

わずか30秒の映像ながら、全てが初公開という貴重な映像です。

■全編未公開映像

新映像は、消えてしまったアベンジャーズの面々が映し出されるところからはじまります。

舞台はサノスの野望が達成され、全世界の人々の半分が消えてしまった後のニューヨークと思われるシーン。

「人々はもう諦めている…」というセリフと共に険しい表情を浮かべたキャプテン・アメリカが登場。

「我々は違う」というセリフでシーンは即座に切り替わり、サノスに敗れ地球から遠く離れた宇宙に取り残されたはずのアイアンマンとネビュラが真剣に何かを作る姿が!

そして、シーンは目まぐるしく切り替わり、先日解禁された予告編にはいなかったロケットが登場。

さらに三つ編みの新ヘアスタイルで銃を撃つブラック・ウィドウや戦闘態勢にはいるウォーマシーンとアントマン。

また単独で行動している様子のソーの姿と、赤く光る何かを見上げるようなホークアイの姿も。

そして・・・一度は手放したはずのキャプテン・アメリカのトレードマークであるシールドがついに彼の手元へ!!

「始めるぞ」というセリフと共にアベンジャーズ基地を歩くキャップたちのシルエットが映し出され、映像は終了します。

■新映像・セリフの意味とは?

「人々はもう諦めている…我々は違う」というキャップのセリフは、英語では「Some people move on. But not us.」

move onとは「諦める」という意味もありますが、「前に進む」という意味もあります。

「人々は前に進むが我々は違う」と受け取れば、我々は後ろ(過去)に進むと解釈できます。

サノスを倒すために過去にタイムトリップするのでは? というファンの説を匂わせる憎いセリフです。

続いて登場するのは前回の予告編で宇宙の彼方で絶望していたアイアンマンと、一緒に宇宙に取り残されたネビュラの姿。

2人は何かを作っている様子。

トニー・スタークが最初のアイアンマン(マーク1)を作ったシーンを彷彿とさせます。

「アベンジャーズ」完結編でシリーズ第1作のセルフオマージュをするなんて胸熱…!

さらに、『エンドゲーム』予告編初登場のロケット、三つ編みになったブラック・ウィドウも登場。

そして! キャップがシールドを手にします。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアイアンマンと決裂し手放したあのシールドを再び手にするのです。

いよいよ公開まで3ヶ月を切りました。

未だ謎に包まれたままの『アベンジャーズ/エンドゲーム』今後の情報から目が離せません。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』
2019年4月26日(金)公開

    あなたにおすすめ

    ニュース設定