ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 柏原芳恵、思い出の曲披露へ

即位前に心を込めて=柏原芳恵さん、33年ぶり思い出の曲披露へ

132

2019年02月11日 07:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真歌手の柏原芳恵さん(左)のリサイタルに出掛けられ、柏原さんからLPレコードなどをプレゼントされる皇太子さま=1986年10月、東京都新宿区(日刊スポーツ提供)
歌手の柏原芳恵さん(左)のリサイタルに出掛けられ、柏原さんからLPレコードなどをプレゼントされる皇太子さま=1986年10月、東京都新宿区(日刊スポーツ提供)
 5月に天皇に即位される皇太子さまに心を込めて−。歌手の柏原芳恵さんが1986年のリサイタルで歌っていたオープニング曲を11日、水戸市で開かれるディナーショーで33年ぶりに披露する。柏原さんの大ファンだった皇太子さまは同年10月、東京のリサイタル会場を訪れており、柏原さんはこの曲を大切にし、これまで公の場で歌ってこなかったという。

 曲名は「夢以上・恋以上」。ショーは水戸市のホテルで同日2回予定されている。

 所属事務所によると、柏原さんは現在、当時の話はめったにしないものの、皇太子さまを出迎えた際にプレゼントされたバラの花は、ドライフラワーにして今も大事に保管。皇太子さまの即位を前に思い出の曲を歌うことにしたとされる。

 柏原さんは86年当時、21歳。「どうあいさつしたらいいのか分からない」と悩んでいたが、皇太子さまの到着を待つ会場前で自分以上にレコード会社の幹部らが緊張している様子に驚き、リサイタル終了後には「(皇太子さまは)すごいオーラがあった」と話していたという。 

柏原芳恵さん 歌手
柏原芳恵さん 歌手

このニュースに関するつぶやき

  • まだ何枚かのアルバム、シングルレコードは持っています��������全ての曲が好きだけど、「あの場所から」「春なのに」「夏模様」「坂道」「タイニーメモリー」「初恋」「最愛」は最高級な曲だと思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • さすがに歳月は否めないが昭和アイドルはやはりいつまでも華があるなぁって。時々平成生まれなのに昭和アイドルに夢中になる子が居る理由も分かる気がする。
    • イイネ!32
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(71件)

あなたにおすすめ

ニュース設定