ホーム > mixiニュース > トレンド > 見た目バナナ、どこでもトイレ

見た目はバナナの「どこでもトイレ」が超便利そう! アウトドアや災害時、トイレトレーニングでも使えるんだって

83

2019年02月11日 15:02  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真


ドラえもんの道具に「どこでもドア」ってありますが、今回ご紹介するのは「どこでもトイレ」なるアイテム。

見た目はバナナにしか見えませんが、広げれば携帯簡易トイレになるという優れモノで、アウトドアや長時間の車移動、災害時などさまざまな場面で役立ってくれそうなんです。

クラウドファンディングサイト「Makuake」で支援を募集したところ、目標金額を軽々とクリア! 大きな注目を集めていたのです。

【スイスの発明展で金賞を受賞】

すでに韓国、ヨーロッパでは「BANANA POTTY」という名前で販売されている「どこでもトイレ」。2018年スイスの国際発明展では金賞を受賞したものなんだとか。

いちばんの特徴は「簡単に持ち運びできる」という点。広げると15cmほどで重さは320g。半分に折り畳めばコンパクトになり、バッグにすっぽりと入れることができます。


使い方は本体の中にビニール袋をセットする、もしくはそのままビニール袋をかぶせて使用する、の2通り。専用のビニール袋は生分解プラスチックで自然分解されるため、環境にもやさしい作りになっているのだとか。

【アウトドア、ドライブ、災害時に】

使うシーンですが、たとえばキャンプやフェスなどのアウトドア。近くにトイレがなかったり混雑していたりですぐに行けない、でももう我慢できない……なんてときには非常に便利。

または長時間のドライブ。車にBANANA POTTYを常備しておけば、渋滞に巻き込まれたときも安心ですね。

そしてもちろん、災害時にも。断水などでトイレが使えない状況も考えられるので、非常用持ち出し袋に入れて自宅に準備しておくとよさそう!

最大荷重80kgなのでだいたいの大人であれば使えるかと思います。

【子どものトイレトレーニングにも!】

また、子どもむけの「トイレトレーニング」も推奨されています。トイレトレーニング中の外出ってなかなか困り物で、「外出の間だけはオムツで」という選択をする人も多いのでは?

でも、これがあれば外出時でもトイトレを中断する必要ナシ。これは大人にも子どもにもありがたいですね。もちろん自宅で利用してもOKです。

【一般発売してほしい!】

こちらはすでに申し込み期間は終了していますが、すでに他国で販売しておりクラウドファンディングでもこれだけ注目を集めていることを考えると、一般販売されるのもそう遠くはなさそうですね!

参照元:Makuake
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る

このニュースに関するつぶやき

  • 家のトイレの便座にもセットできるんかな?だったら欲しい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これニーハオに携帯義務付けなさい。
    • イイネ!39
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(50件)

あなたにおすすめ

ニュース設定