ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > ONE OK ROCK・Taka、自身が書く恋愛の歌詞は「だいぶエグいと思います」

ONE OK ROCK・Taka、自身が書く恋愛の歌詞は「だいぶエグいと思います」

1

2019年02月12日 12:10  J-WAVE NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。2月6日(水)のオンエアには、番組初登場となるONE OK ROCKのボーカル・Takaさんが登場。約2年ぶりにリリースされるアルバム『Eye of the Storm』のお話や、間もなくスタートする北米ツアーについて訊きました。


■日本とLAに拠点を置きながらの活動

現在は、日本とLAに拠点を置き活動しているONE OK ROCK。その活動について訊きました。

Taka:ロスにいてクリエイトするときに、気候もそうですけど、日本とは違った環境なので落ち着いて音楽に集中できます。日本で何もない間は、アメリカでアルバムを作りながらツアーに出て、アメリカに戻ってくるという生活をしていました。
クリス:いつくらいからLAに拠点を置いて曲作りをしようと思ったんですか?
Taka:ずっと日本で、自分たちの求めるサウンドを追求していたんですけど、なかなか感覚でやるのも限界があって。「アメリカで、現地のカルチャーを勉強しながら音楽を作りたいな」という夢があったので、どのタイミングで行くかというのを模索して、2作品前くらいからアメリカでレコーディングができる準備が整ったんです。

世界中でツアーし続ける現状について、「まだ全然」と高みを目指します。

Taka:もっと届けられる人に届けたいという気持ちがありますね。年齢、体力との勝負もあって、いつまでもフルギアでできる期間は限られている。これだけハードなことを続けるのは難しいから、「明日が最後だ」という気持ちを持ちながら飛行機に乗っています(笑)。
化い キャリアを重ねるにつれてモチベーションにも変化が表れてきたとか。

Taka:バンド結成当初のモチベーションやエネルギーの源は、怒りとか世の中に対する想いだったんですけど、大人になって、ファンのみんなに聴いてもらうことによって、世間に中指を立てるだけじゃなくて、心が満ちちゃった部分もあるんです。でも、それに甘えて大人しくなるのはちょっと違うなと。30歳を迎えたので、違ったレベルでバンド活動ができればいいなというのはありますね。


■「13年かけてここに来た」

2月13日(水)にリリースされるアルバム『Eye of the Storm』では、英語の歌詞がより重視されるようになっていますが、そこに至るまでの変化について訊きました。

Taka:アルバムを出す前から、ONE OK ROCKとしては第2章をスタートさせる気持ちで制作やライブに向かっていました。自分たちがアメリカに出て、世界でライブをする上で、歌詞が日本語から英語になっていくのは必然なんです。海外で自分たちが目指す景色を見るためには、いろいろなことをフルモデルチェンジしないといけない。
クリス:そんなに簡単には入れ替えられない部分もある気がしますが、いかがですか。
Taka:準備にかける時間もありました。ONE OK ROCKは13年やっていて、最初の頃とは環境も変わって、ありがたいことに今、みなさんに聴いていただいている状況がある。それを考えると「13年かけてここに来た」というイメージですね。


■恋愛にはストレート! 歌詞は…

トーク後半は、リスナーからの質問に回答。歌唱や歌詞について語りました。

「Takaさんの歌唱力は、ずっとブレない力強さがありますが、歌うことをはじめてから『これはいける』と気がついていた天性のものですか? それともコツコツと地道に鍛え上げてきたものですか?」

Taka:親が両方とも歌手というのもあるので、そういった部分もあると思います。小さい頃から家でずっと音楽が流れている環境で育ちましたし。ただ、洋楽が好きになったり英語で歌うというのは(もともとの環境とは)全く別なので、そこに関しては頑張ったし、今も頑張っています。
クリス:最初、英語の歌はどういうのを聴いていたんですか?
Taka:僕はJ-POPから入ったんですけど、宇多田ヒカルさんが出てきたときに「すごいな」と感じて。そこからちょっとずつ歌い方や英語の歌詞をなんとなく意識して洋楽に入っていきました。

「好きな人にはストレートに想いを伝えますか?」

Taka:基本的に僕は、だいぶストレートなタイプなので、せこせこはしないです(笑)。歌詞は、僕は実体験から書くことはなくて、想像とか、映画を観たあとに入り込んで書くことが多いんです。日本語の場合は、よくない方にだいぶエグいと思います。涙を流すような歌詞じゃなくて、書いていて友だちに『こんなんじゃ伝わらない』って言われて書き直したりするくらいです(笑)。男女の歌を書こうとしても、書き終わると全然関係ない歌詞になっているというか……。

ONE OK ROCKは、2月19日(火)から北米ツアーがスタート。3月30日(土)まで続きます。「サーカス団ですね。ほぼ毎日です。(今回のアルバムは)テイストも全然今までと違いますし、自分たちが伝えたい音、メッセージ、パフォーマンスのレベルが上がらないと伝えられないものなので、修行の26公演です」と意気込みを語りました。秋頃には国内のツアーも予定。今後も活躍から目が離せません。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定