ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > YouTuber山根明氏 除名に言及

山根明前会長「無冠の帝王ch」でユーチューバーに

57

2019年02月12日 15:38  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真日本ボクシング連盟の山根明前会長
日本ボクシング連盟の山根明前会長

不正判定などの疑惑で世間を騒がせた日本ボクシング連盟の山根明前会長(79)が、ユーチューブ公式チャンネルを開設し、ユーチューバーデビューを果たした。


山根氏は「無冠の帝王ch」の名前でチャンネルを開設し、8日に初めてアップした「【無冠の帝王】男、山根明が真相を初激白!【youtuber】」と題した動画では、ユーチューバーデビューした理由について「テレビの取材があってもね、生放送やったら(自身の発言をそのまま)流せるんですけど、(収録では)『この問題に関してはっきり出してください』という約束をしても、流さずにして、面白半分に風呂に入ってるやつを流したりね、人をおちょくったように笑い事で批判している。そういうことがあるんで、自分で腹を決めて、今日ひとつの出発点にしました」と説明した。


山根前会長は日本連盟による除名処分についても言及。助成金の不正流用、反社会的勢力との交友の責任を取る形で昨年8月に会長を辞任したことを説明した上で、「辞任してる人間に対して、僕自身は一般市民になってるわけですから、一般市民に対して除名はなぜにするんですか?」と疑問を呈し、「『今の連盟は怖いんだぞ』と言いたい。脅しと、脅迫してるのと一緒なんですよ」と主張した。


また、過去3年間で約1700万円にのぼるとされる使途不明金については「(証拠を)全国の一般の方にもわかるように、全部、目の前に出してもらいたい。横領罪でとか、刑事告訴するとか言うんじゃなくて、先に市民の方にわかるようにしてもらいたい。僕も生活していく以上、変な方に取られるのはかなわないから、はっきりした証拠を出すべきや」と連盟側に反論した。


なお、今後のバラエティー番組への出演については、「オファーがあれば出ます。それはひとつの仕事としてやってます。遊びではありませんから。だから出る以上は、テレビ局に迷惑を掛けないように、それなりの自分の思いと、常識的な生き方をして、そのように生きていこうかなと思います」と語った。

このニュースに関するつぶやき

  • さて、山根前会長が「ボクシングを食い物にする悪者」か、「ボクシング協会に祭り上げられた裸の王様」かそこまで迫れるのだろうか?見ものだ。やっぱ、人の頂点に立てる人材には思えない「逆らってはいと思わせる偶像」だった様に見えるな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 大人しく隠居生活送れクソジジイ https://mixi.at/a3qDQiO
    • イイネ!50
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(46件)

あなたにおすすめ

ニュース設定