ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > Nulbarichが4度目の1位獲得! アリアナの「七輪」騒動が思わぬ事態に…

Nulbarichが4度目の1位獲得! アリアナの「七輪」騒動が思わぬ事態に…

1

2019年02月12日 18:10  J-WAVE NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータをもとにポイントを計算。今、東京で最もヒットしている曲や、リリース前の未来のヒット曲、全部で100曲をカウントダウン! ここでは2月10日(日)付のチャートを紹介します!


■2月10日付チャート
10位:Backstreet Boys『Chances』
先月末にリリースされたニューアルバム『DNA』が全米アルバムチャートで初登場1位を獲得。全米アルバムチャートでナンバーワンを獲得したのはおよそ18年ぶりの快挙です。第61回グラミー賞でも、アルバムから『Don't Go Breaking My Heart』が17年ぶりにノミネートされました。

What a wonderful night celebrating music at the 61st Annual Grammy Awards! Congrats to everyone! @RecordingAcad #GRAMMYs #KTBSPA pic.twitter.com/H3nVeh8qej

— Backstreet Boys (@backstreetboys) 2019年2月11日


9位:いきものがかり『WE DO』
なか2週でトップ10圏内に復帰しました。いきものがかりは、J-WAVEで2月11日(月)に放送された番組『JFL 25th ANNIVERSARY SPECIAL DIG!!〜IKIMONOGAKARI』でナビゲーターを務めました。

「JFL 25th ANNIVERSARY SPECIAL DIG!!〜IKIMONOGAKARI」お聴きいただきました全国の皆さん、ありがとうございました‼️https://t.co/AzToC7ubP4 のタイムフリーで1週間聴き直せます#jwave #digikimono

→https://t.co/vsDJhN85Mt pic.twitter.com/S4ehIJHTnf

— J-WAVE SPECIAL PROGRAM (@jwave_2019) 2019年2月11日

8位:CHAI『CHOOSE GO!』
この日のオンエアでは、リスナーへの「逆電バスター」でCHAIのドラム・ユナさんにまつわる3択クイズを出題。質問と答えは以下のとおりです。

Q:以前ゲストに出演したとき、ピンポンボックスで「何フェチ?」という質問をCHAIにしました。そのときユナさんが「3つあるんだけど、ひとつめは声、ふたつめは手、3つめは〇〇」と回答。3つめのフェチは何でしょうか?

1)ひげ 2)耳 3)お尻



NEW VIDEO



2nd Album「PUNK」収録
「CHOOSE GO!」MV公開よ

New video is up
Check it out

監督 @mikanseisei

CHAI『CHOOSE GO!』Official Music Videohttps://t.co/BZ19NFW4Tt pic.twitter.com/tvWCxq51tK

— CHAI official (@CHAIofficialJPN) 2019年2月6日

答えは3番の「お尻」。ユナさんの好みのお尻は、筋肉質の硬いお尻だそうです。

7位:Suchmos『WATER』
「J-WAVE 30th ANNIVERSARY SONG」第4弾のこの曲が1ヶ月ぶりにトップ10圏内に。Suchmosは、およそ2年ぶりとなる3枚目のフルアルバムを3月27日(水)にリリースすることを発表。タイトルは『THE ANYMAL』です。

こんばんは

新曲「WATER」ぜひ聴いてみてね。https://t.co/yps6sxQa2h pic.twitter.com/fVkdRuIMic

— Suchmos (@suchmoz) 2019年1月28日

6位:Sam Smith, Normani『Dancing With A Stranger』
先日この曲のミュージックビデオが公開されましたが、殺風景ながらオシャレな部屋で2人が、過去の恋人たちを思い出しながら前へ進もうとする様子を映し出しています。なおNormaniが所属しているFifth Harmonyは、現在無期限の活動休止中で、それぞれのメンバーがソロで活動をはじめています。なかでも最も成功したのが先にメンバーを脱退したCamila Cabello、続いてNormani。今では全員がソロアルバムを制作しています。

Sam Smith, Normani『Dancing With A Stranger』
5位:ONE OK ROCK『Stand Out Fit In』
アルバム『Eye of the Storm』が2月13日(水)にリリースされるONE OK ROCK。発売を記念して2月9日(土)から11日(月)の期間、表参道のSO-CAL LINK GALLERYに「One Museum」をオープンしました。この企画展では、新作のジャケットデザインになっているNY出身のアーティスト・JONONEのアート原画が展示されました。

ONE OK ROCK『Stand Out Fit In』

4位:Calvin Harris, Rag'n'Bone Man『Giant』
2月11日(月)に授賞式が行われた第61回グラミー賞。今回から主要4部門のノミネートが5つから8つに増え、CalvinがDua Lipaとコラボレーションした『One Kiss』、Sam Smithとコラボした『Promises』がノミネートされるのではと期待されていましたが、残念ながらCalvin Harrisはノミネートされませんでした。ちなみに元カノのTaylor Swiftも、受賞対象の期間中にアルバム『Reputation』を発表し、ヒット曲もあったにも関わらずノミネートされたのは1部門だけということで、Taylorファンも騒然としています。

Calvin Harris, Rag'n'Bone Man『Giant』
3位:宇多田ヒカル & Skrillex『Face My Fears (Japanese Version)』
この曲がテーマ曲のゲーム『キングダム ハーツIII』は先月末の発売以来、全世界で累計出荷販売数が500万本を突破し大ヒット中です。このゲームは、主人公がディズニーキャラクターと冒険するロールプレイングゲームで、ミュージックビデオもゲームとコラボレーションした内容になっています。ミッキーマウス、ドナルドダック、グーフィーのほか、ディズニー、ピクサーのお馴染みのキャラが多数登場します。

宇多田ヒカル & Skrillex『Face My Fears (Japanese Version)』
2位:Ariana Grande『7 rings』
『7 rings』にちなみ「七つの指輪」というタトゥーを手のひらに入れようとしたArianaですが、途中の文字を省略して「七輪」にしてしまった騒動が、思わぬ事態に発展しています。Arianaが普段から日本語を使っていることについて「文化の盗用」との批判がツイッターに寄せられ、Arianaは「盗用ではなくリスペクトしているんだ」と反論。しかし、「日本のファンは私が日本語を書いたり、日本語がプリントされた服を着るといつも喜んでくれた。でも日本語が書かれたグッズは全て削除したわ」と、実際Arianaのサイトからは日本語グッズがほとんど消え、4年続けた日本語の勉強をやめるとも宣言してしまいました。

#thankunext https://t.co/6f2e7jLvfP pic.twitter.com/F2yryIEehi

— Ariana Grande (@ArianaGrande) 2019年2月9日


1位:Nulbarich『Sweet and Sour』
Nulbarichが昨年3月以来、4回目のナンバー1を獲得。今までのNulbarichサウンドを踏襲しつつ、新たな世界を見せています。Nulbarichは、フリーイベント「J-WAVE SAISON CARD TOKIO HOT 100 FESTIVAL」に出演します。出演はNulbarich、ビッケブランカ、RIRIの3組。3月27日(水)に開催され、会場は新木場 STUDIO COAST。1000組2000名を無料ご招待します。現在、番組サイトで参加応募を絶賛受け付け中です。

本日のゲスト、NulbarichのJQさん!@nulbarich #jwave #th100 #tokiohot100 #クリスペプラー #nulbarich https://t.co/544wYrTpsS pic.twitter.com/qGUIqmDzpR

— tokio_hot100 (@tokio_hot100) 2019年2月10日


■今週のトップ10
1位:Nulbarich『Sweet and Sour』
2位:Ariana Grande『7 rings』
3位:宇多田ヒカル & Skrillex『Face My Fears (Japanese Version)』
4位:Calvin Harris, Rag'n'Bone Man『Giant』
5位:ONE OK ROCK『Stand Out Fit In』
6位:Sam Smith, Normani『Dancing With A Stranger』
7位:Suchmos『WATER』
8位:CHAI『CHOOSE GO!』
9位:いきものがかり『WE DO』
10位:Backstreet Boys『Chances』

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:日曜 13時−16時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定