ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > たるみが引き上がる!ほうれい線を撃退する顔ヨガ2つ

たるみが引き上がる!ほうれい線を撃退する顔ヨガ2つ

5

2019年02月12日 19:30  つやプラ

  • 限定公開( 5 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

老け見え顔の「ほうれい線」にお悩みの方は多いと思います。

顔ヨガインストラクターである筆者が、たるみによるほうれい線を撃退する顔ヨガをご紹介します。

■どうして「ほうれい線」ができるの?

ほうれい線は、実は赤ちゃんのころからあるということは知っていましたか? 加齢による頬のたるみによって深く刻まれ、目立つようになるのです。

では、なぜ頬はたるむのでしょうか。

たるみの原因は、表情筋の特性にあり

顔面筋は、皮膚につく「皮筋(ひきん)」という種類のものであり、頭蓋骨の上にただ乗っているだけの筋肉です。

加齢により筋肉が衰えて下がってくると、その上にある皮膚が雪崩のようになり毛穴が下がります。そして、口の横に、溝のようなほうれい線ができます。これが、皆さんに嫌われている「老け見えほうれい線」の正体なのです。

試しに、鏡に向かって鼻の横の肉を指で押してみてください

試しに、鏡に向かって鼻の横の肉を指で押してみてください。このように、ほうれい線が深くなりますよね。

今度は、この頬を指で持ち上げてみましょう。ほうれい線が消えますね。できればこの状態でキープしたいものです

今度は、この頬を指で持ち上げてみましょう。ほうれい線が消えますね。できればこの状態でキープしたいものです。

「頬を持ち上げてほうれい線を薄くする顔ヨガポーズ」をご紹介します。

■顔ヨガでここまで頬は引き上がる

筆者の、顔ヨガビフォアアフターの写真で比較します。

今から4年ほど前、顔ヨガを始める前の筆者の顔は、頬が落ちてほうれい線がくっきりと出ていました。ですが、顔ヨガを1日数分つづけることで筋肉の弾力をアップさせ、ほうれい線は薄くなりました

今から4年ほど前、顔ヨガを始める前の筆者の顔は、頬が落ちてほうれい線がくっきりと出ていました。ですが、顔ヨガを1日数分つづけることで筋肉の弾力をアップさせ、ほうれい線は薄くなりました。

筋肉は、一生鍛えられるものです。どなたでもできますよ。

■ターゲットは鼻の横の頬のたるみ!顔ヨガ2つ

(1)「おだんごロック」で頬を持ち上げる

上の歯を見せ、頬を持ち上げるようにニッコリと微笑みます

(1)上の歯を見せ、頬を持ち上げるようにニッコリと微笑みます。

親指と人差し指で輪をつくり、頬のおだんごを持ち上げます。この時、あごの力を抜きましょう。ここで10秒キープさせます

(2)親指と人差し指で輪をつくり、頬のおだんごを持ち上げます。この時、あごの力を抜きましょう。ここで10秒キープさせます。

このポーズは、口角をきれいに上げるトレーニングにも効果的です。

(2)「こめかみストレッチ」で、さらにリフトアップ

右手を上げ、左のこめかみにある「側頭筋」を指でキャッチします。斜め後ろに引っ張って、リフトアップさせましょう

(1)右手を上げ、左のこめかみにある「側頭筋」を指でキャッチします。斜め後ろに引っ張って、リフトアップさせましょう。

手の重さを使って、頭を右に倒します

(2)手の重さを使って、頭を右に倒します。

頭を倒した方向に舌を長く出し、口から息をハーッと5回吐きます。舌は出したままで行ってください

(3)頭を倒した方向に舌を長く出し、口から息をハーッと5回吐きます。舌は出したままで行ってください。反対側も同様に行いましょう。

このポーズは顔全体のリフトアップをし、フェイスラインをスッキリさせてくれます。目の印象も若返りますよ。また、顔の左右のたるみの差を軽減してくれるポーズです。たるみの多い側を、回数多めに行ってくださいね。

顔ヨガは、目に見える速効性があるのが嬉しいエクササイズです。鏡のなかの自分の顔の変化をモチベーションにしてください。

(顔ヨガインストラクター 千葉ゆか
漫画家/イラストレーターを経てヨガインストラクターに転身。高津文子式フェイシャルヨガインストラクター。二児の母。子連れOKなヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。名古屋を中心に、全国でワークショプを展開中。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定