ホーム > mixiニュース > トレンド > アレンデール国民がアナ雪「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」で泣いた

アレンデール国民がアナ雪「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」で泣いた

0

2019年02月14日 11:31  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
東京ディズニーリゾート(TDR)内のディズニーホテル 東京ディズニーランドホテルでは、2019年1月30日(水)〜2月14日(木)の期間開催の、「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『アナと雪の女王』より〜」。

【TDS新エリア】2022年が待ちきれない! ラプンツェルオタクのアレンデール国民が徹底分析&大妄想

アレンデール国民として見逃すわけにはいかないので、体験してきました!

マジカルシェフとエルサたちが繋ぐ、夢と魔法に満ちた素晴らしい世界をレポートします!

■実質アナ雪新作! オリジナルストーリーに号泣

東京ディズニーランドホテルで行われる、「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」。

これまでにも、ディズニー映画『美女と野獣』や『アラジン』、『リトル・マーメイド』、『ライオン・キング』をテーマに開催されてきた、目隠しをしてコース料理を楽しむ、「食」のエンターテイメントプログラムです。

パーティの案内役は、不思議な力を持つ「マジカルシェフ」です。

今回、なんと、ついに、ディズニー映画『アナと雪の女王』がテーマなんです。

2019年1月30日(水)〜2月14日(木)までの期間しかないので、すでに体験された方もいらっしゃるかと思いますが、アレンデール国民の私からすると、もうほんとマジで最高オブ最高すぎてちょっと北欧行ってくる、そんな面持ちにならざるを得ない体験でした。

だってねぇ、ご存知ですこと? これ、オリジナルストーリーなんですよ…実質新作なんですよ…。

新作といえば『Frozen2』の予告編が公開されましたね。

予告編ではエルサが荒波に立ち向かうシーンがあり、マジで…やめて…危ないことしないで…。

期待と不安とエルサが心配でお腹痛いから早く公開して欲しい…。

話が逸れましたが、今回の「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『アナと雪の女王』より〜」では、アレンデール王国のお城で開催された、夏の訪れをお祝いするパーティーで振る舞われた料理をイメージしたコース料理が提供されるんですよ。

つまり、エルサやアナたちが食べたであろう食事を、食べることが、出来るんですよ。

実質新作な上、映画と現実の境界線まであやふやになってくると言う、なんだこれ私は本当にアレンデール国民だった…?

実際体験してきた感想は、「うわマジで新規のストーリーだよこれ…」でしたし、すでに終わってしまった、東京ディズニーランドのスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」を経て、エルサとアナとこんな風に楽しく過ごせることを、一体誰が予期していたというのでしょうか。

徹頭徹尾泣きすぎて、自分のアイマスクの湿り気がすごかったです。

日本に住むアレンデール国民大歓喜、「アナとエルサのフローズンファンタジー」は終わっていなかった。

最初から最後まで呪いで語彙力を奪われたオタクかのごとく、「あぁ…」という感嘆詞しか出てきませんでした。

こんなに素晴らしいなんて、ねえちょっと、「フローズンファンタジーパレード2019」をいますぐやるべきでは?

■映画へのリスペクトが溢れる料理たち!

食事はもちろん、すべて『アナと雪の女王』にちなんだメニューです。

マジカルシェフと彼の作る料理が、私の映画に対する解釈と一致しすぎて、ぎゅーっと抱きしめたくなりました。

高度な魔法が使えて、料理も出来て、言葉巧みに進行するマジカルシェフ…弟子にしてくれ…。

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」は、お食事を楽しむエンターテイメントです。

思わず見せて! と言いたくなりますが、その場で見ることが出来ないのもこのパーティーの楽しさのうちのひとつです。

すべては、自分のイマジネーション頼り。

途中、とあるメニューでアレンデール国民の涙腺を直撃するものがあるのですが、もうね、“尊い” が食べ物になるとこんな感じになるという、おそらく世界初の実証であったよこれは。

“尊い” って食べられるんだよ…そして美味しいんだよ…知ってた…? 私は知らなかった…。

すべての要素について語りたいのですが、ネタバレしかないので言えないのが本っ当にもどかしい。

とにかく私が確証を持って言えることは、今回の「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『アナと雪の女王』より〜」は、この映画を心から愛するアレンデール国民が一枚噛んでいるな、ということです。

正直、ここまで映画に対する解釈が一致するとは思いませんでした…どれひとつとっても全ての要素が本当に素晴らしい。

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」というスペシャルな食事の場と、『アナと雪の女王』というテーマでしか体験できない、極上のエンターテイメントです。

魔法のアイマスクをずっと着けていたので、視界は真っ暗だったのに、なぜだろう、思い出すとどんなシーンもとてもカラフルなんです。

マジカルシェフの魔法にかかったとしか思えない。

魔法って、本当にあるんですねえ…。

一生に一度あるかないかの、とても素晴らしい体験をさせてもらいました。

本当にありがとうございました!

オールハイルアレンデール…オールハイルクイーンエルサ…!

    あなたにおすすめ

    ニュース設定