ホーム > mixiニュース > コラム > 等身大の歌詞が共感度MAX!次世代歌姫・足立佳奈が語る「告白のススメ」

等身大の歌詞が共感度MAX!次世代歌姫・足立佳奈が語る「告白のススメ」

0

2019年02月14日 18:31  スタディサプリ進路

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

スタディサプリ進路

写真写真
10代を中心に人気急上昇中のシンガーソングライター・足立佳奈さん。

AbemaTVで放送中の恋愛リアリティショー『今日、好きになりました』のテーマソングになった『私今あなたに恋をしています』は、TikTokで「今日好きダンス」としても大流行。

曲に合わせて踊ったことがある高校生も多いのでは?

そんな“共感度MAX”な恋愛ソングを歌う足立さんに、恋愛に関する質問を直撃! 

バレンタインに本命チョコを渡すか悩んでいる人は、足立さんの言葉にパワーをもらえるかも!?


【プロフィール】

足立佳奈(あだち・かな)
1999年10月14日生まれ。
岐阜県出身。
2014年、中学3年生のとき『LINE×SONY MUSICオーディション』でグランプリを獲得。
2017年に「笑顔の作り方〜キムチ〜/ココロハレテ」でメジャーデビュー。
2018年には、TBS系ドラマ『チア★ダン』に出演するなど活躍の幅を広げている。
2019年2月1日には、最新曲『ウタコク』を配信限定リリース!


足立佳奈さんへのインタビュー・学校編はこちら
「二度と戻れない“今”を全力で!」次世代歌姫・足立佳奈が高校生にエール (https://shingakunet.com/journal/trend/20170327215211/)



[toc]

好きな人ができると、すぐに呼び出して告白しちゃうんです
歌のなかでは、「アピールなんてできない」「言わなきゃよかったかな」など、恋に奥手な女のコの心境が描かれていることが多いですが、足立さん自身も恋に消極的なタイプ?


私は、グイグイ押しちゃうタイプなんです。

歌詞は、実体験をもとにすることも多いのですが、恋に臆病な女のコの気持ちを書くときは、「こういう恋愛でありたいな」っていう私の願望が入っていることが多いですね。


意外にも、足立さん自身は恋に超積極的!

好きになったらトコトン一直線なんだとか。


中学生のときに、「このくらいの時間に家を出れば、あの道で会えるかな」って毎朝、時計を見ながら通学路を歩いたり…。

曲がり角から相手が出てきた瞬間に「あ、偶然だね!」って話しかけたりしてましたね(笑)。


アピールし続けて、相手が告白してくれるようにしむける…のかと思いきや、なんと告白も自分からするのだそう。


※告白も自分から!という足立佳奈さん

中学生のころには、オリジナルの告白ソングを作って弾き語りをしたこともあるとか!


私の中学校は、廊下のホールになっているところにピアノが置いてあって誰でも弾いてよかったんです。

そこに、昼休みに好きな男のコを呼んで自分で作った歌を弾き語りしたんですよ!

歌い終わった後に「好きです」って伝えたんですけど…、「ごめんなさい」ってフラれちゃいました。


大胆すぎる告白!

クラスメイトや周りのみんなにも愛の歌は聴こえてたってこと?


そうですね。

でも、私がピアノを弾きながら歌ってるのは毎日の日課だったので、「また歌ってるんだ〜」って感じだったと思います。

男のコは、ピアノの横に立って最後まで聴いてくれてたんですけど、聴きながら「どうしよう…」って困り顔になってるのがわかって(笑)。

「ありがとう」とは言ってくれたんですけど、結果はダメでした。

今思うと、歌詞が重かったんですよね。

中学生なのに、「私はあなたをずっと愛してるから」「愛してるって何度も言うと〜」って、意味もわからず「愛してる」って言葉を送ってたので(笑)。



※ピアノで弾き語りしながら告白した経験も!

「失敗したらどうしよう」っていうより「成功したら最高だわぁ〜!」って思うんです
バレンタインには、本命の男のコに手作りのガトーショコラを渡した経験も!


私、料理が苦手でお菓子作りも得意じゃないんですけど、好きな子に手作りのガトーショコラを渡したくて、キットを買ってきて作ったことがあるんです。

でも、できあがってみたらなぜかカッチカチだったんですよ!

冷蔵庫で冷やしたわけでもないのに、おっきなハートがしっとりを通り越してカッチカチで(笑)。

「さすがにこれは渡せない!」と思って、夜中にお兄ちゃんにお願いして作り直してもらいました。

お兄ちゃんは、お菓子を作るのが得意なので。

結局、私がしたのはラッピングだけっていう(笑)。



※バレンタインには手作りに挑戦したけど…と教えてくれた足立佳奈さん

それは無事に片想いの相手に渡せた?


はい!

しかも、その場で食べてくれたんですよ!

「おいしい〜」って言ってくれて…、罪悪感でいっぱいでした(笑)。

しかも、相手の男のコが「友チョコとかもらうかもと思ってお礼用に持ってきたんだけど」って、手作りのカップケーキをくれたんです!

それが、本当においしかったんです。


なんというイケメンな対応!

ズバリ、その恋のゆくえは…?


お手紙も添えたし、ハートのショコラだから察してもらえるかなって思って、その場ではハッキリ気持ちを伝えなかったんです。

しかも、お返しはその場でもらっちゃったからホワイトデーに返事を聞くっていう流れにもならなくて…。

それで結局、友達のままでした。



※ずっと思い続けるよりはアクションを起こしたいタイプだそう!

片想いをずっと続けるより、自分からアクションを起こしたいという足立さん。

でも、フラれるのはやっぱり怖いし、今の友達関係を壊したくないって思うと勇気が出ない…という高校生は多いはず。


そうですよね。

でも私は、「失敗したらどうしよう」っていうより「成功したら最高だわぁ〜!」って思うんです(笑)。

それに、失敗しても「好き」って伝えたら意外とスッキリするんじゃないかなって。

たとえ結果がダメでも、告白したことでなにか課題が見えるんです。

「アピールしすぎたかな」とか「言い方が悪かったかな」とか。

それがきっと次につながるから、気持ちを伝えたいって思うのかもしれません。



※結果が駄目でも告白したことで課題が見えるという足立佳奈さん

“嫉妬”や“独占欲”は必要な感情。これがなかったら相手を大事にできない
ちなみに、足立さんの歌のなかには、好きな男のコが違う女のコと笑っている姿にムッとしたり、とられたくないというストレートな感情が表現されていたりします。

恋をするとどうしても生まれてきてしまう“嫉妬”や“独占欲”についてはどう思いますか?


こういう感情がなかったら、人のことを大事にできないと思います。

例えば、自分が好きな人から「何でも君の好きにしていいよ」「男のコとご飯に行くの? いいよいいよ」と言われたら、「私のこと、本当に好きなのかな」って疑問に変わってきちゃうと思うんです。

だから、嫉妬とか独占欲を相手に伝えることで「それくらい自分のことを好きでいてくれてるんだな」「大事に思ってくれてるんだな」ってわかってもらえるんじゃないかなって。

ただ、好きな男のコと仲良く話してる“女のコの方”に嫉妬心を向けるのは、違うかなって思いますけどね。

恋愛は、あくまでも“自分と自分が好きな人”、2人の問題だから。


嫉妬や独占欲が芽生えるのは、本気で恋をしているからこそ。

「こんな自分、キライ…」と否定せず、「あの人のことがこんなに好きなんだな」と認めてあげることで、ポジティブなパワーに変わるのかも!


※ネガティブな気持ちをポジティブなパワーに変える!

最後に、足立さんから恋する高校生にエールを!


好きな人がいる人は、まずは「好き」って伝えてみるといいと思います!

結果が良かったら、「私、間違ってなかった。これでよかったんだ」って思えるし、ダメだったとしても絶対になにか次につながる課題が見つかると思うんです。

気持ちを伝えることで、相手の想いとか自分の課題とか、なにかしらわかって前進できるから、ちゃんと気持ちを言うことは大事だなって私は思います。

後悔しないように、ぜひ頑張ってください!



※後悔しないように頑張ってほしい!とメッセージ

「ウタコク」で「聴いた? 私、好きなの」って告白したりしてくれたらいい
ソフトバンクとAbemaTVの人気番組『今日、好きになりました』がコラボし、恋愛ソングを制作。



歌詞は、『今日好き』の中で、実際に高校生が告白した言葉を繋いだもの!


“歌って告白する”というのが「ウタコク」のテーマになっているので、片想いの相手にカラオケで歌ったり、LINEで「ウタコク」をポンッと送ったりして「聴いた? 私、好きなの」って告白したりしてくれたらいいなぁと思っています!(足立さん)


View this post on Instagram (https://www.instagram.com/p/Bt2WTtxlrdG/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading)スタディサプリ進路さん(@studysapuri_shinro)がシェアした投稿 (https://www.instagram.com/p/Bt2WTtxlrdG/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading) - 2019年 2月月13日午後8時48分PST
※足立佳奈さんから高校生のみんなへスペシャルメッセージ!

★ほかの記事もCHECK!
●『トビタテ!留学JAPAN』応援ソングのSHE’Sに聞く一歩踏み出した瞬間とは? (https://shingakunet.com/journal/column/20170327214045/)

●その渡し方まちがってない?彼が喜ぶ本命チョコの渡し方はコレ!【バレンタイン編】 (https://shingakunet.com/journal/trend/20170327213598/)

●こんなに辛いなら好きにならなきゃよかった!みんなどうしてる?片思いの対処法 (https://shingakunet.com/journal/trend/20170327213926/)

●音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから高校生たちに届ける応援歌 Vol.1 (https://shingakunet.com/journal/column/46301/)

●日本一かわいい女子高生は誰だ!? 女子高生ミスコンファイナリストを紹介! (https://shingakunet.com/journal/trend/20170327212596/)

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定