ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 【ヘアカラー】サロンと自宅どっちがいい?「白髪染め」のメリット・デメリット

【ヘアカラー】サロンと自宅どっちがいい?「白髪染め」のメリット・デメリット

4

2019年02月16日 06:32  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
子どもがまだ小さいうちは、特に忙しくて時間がないものの、キレイや好印象は妥協したくないものです。そこで、いかに美容を効率的に行うかが勝負ですよね。

【ヘアアレンジ】簡単おしゃれ!ヘアメイク直伝「ひとつ結び」テク

そこで今回は、白髪染めについて、サロンでやってもらうのと、自宅で自分で市販の白髪染めを使ってやるのとではコストや結果、髪へ影響などどのように違うのかを元美容師のMさんに教えていただきました。

それぞれの方法の特徴を知り、自分の状況に応じて、適している方法を選び分けてみてください。

■白髪染めはサロン56%、自宅49%

リクルートライフスタイルの「ホットペッパービューティーアカデミー」が実施した「白髪に関する意識調査2018」によると、理美容室・専門サロンで「白髪染め」または「ヘアカラー/おしゃれ染め」をする場合、今後、1回あたりにかけてもよいと思う金額についての問いに対して、女性は20〜60代までの平均3,550円という結果になっていました。

年代別に見ると、20代は4,473円、30代は4,431円となっていました。

また女性の白髪対策として、最も多かったのはサロンでの白髪染めで56.1%、次いで、自宅での白髪染めは49.4%でした。サロンと自宅、どちらもそれほど大きな差はありませんでしたが、それぞれの白髪染めの結果や費用感などの違いについては気になるところです。

そこでサロンの白髪染めの特徴と自宅でできる市販の白髪染めの特徴をそれぞれ、元美容師で、ヘアケアやヘアダメージの情報をブログで豊富に発信しているMさんに教えていただきました。

■白髪染めのサロンと自宅の違いは?

まずは、サロンで受ける白髪染めと自宅で自分で行う白髪染めの大きな違いを教えていただきました。

元美容師Mさん(以下、M)「一番の違いは髪へのダメージです。といってもサロンカラーに使用されるカラー剤と市販で販売されているカラー剤の成分はそこまで違いません。

ただ、サロンで美容師さんにお願いする場合は、髪のダメージ加減によって優しい薬剤を選べたり、アルカリカラーよりも髪へのダメージが少ない酸性カラーのヘアマニキュアを提案してくれたり、伸びてきた部分の根本だけ染める『リタッチ』などの技術を行ってくれたりするなどして、ダメージを最低限に抑えてくれます。

最近のカラー剤はムースタイプなどもあり、自分でも塗りやすくなったとはいえ、根本だけカラー剤を塗るというのはむずかしいと思います。

ですので、自宅で自分で行う場合は、どうしても毛先の傷んでいる部分もカラー剤を重ねてしまうことにより、毎回ダメージが蓄積していってしまいます」

■サロンと自宅で行う白髪染めのメリット・デメリット

ダメージのことを考えると、サロンのほうが良いように思えてきますが、費用のことを考えると、自宅での白髪染めのほうが安く上がるのも事実です。そこでサロンの白髪染めと自宅で行う白髪染めのそれぞれのメリットとデメリットを、Mさんに教えていただきました。

■サロンで白髪染めをするメリット

ダメージ加減やデザインを美容師さんが提案してくれる色ムラになりにくいカラー剤の種類が豊富なので、デザインの幅も広いリタッチやヘアマニキュアなどのアルカリカラー以外の選択技もあるのでダメージを抑えられる■サロンで白髪染めをするデメリット

美容師さんによって提案力、技術力に波がある自宅染めに比べると高コストサロンに行く、探す手間がかかるカウンセリング、ドライまで丁寧にやってくれるが、時間がかかる(1〜2時間程度)■自宅で白髪染めをするメリット

コストが安いいつでも気が向いたときに染められる(時間を選ばない)美容室が苦手な人でもOK■自宅で白髪染めをするデメリット

色ムラになりやすいイメージ通りのカラーにはなりにくい…もともと持っている髪の色(アンダーカラー)の見分けや、薬剤選定ができないため毎回毛先まで、薬剤が塗布されるのでダメージ大ちなみに価格を調査してみたところ、市販の白髪染めのヘアカラー剤は600〜1,500円ほどが相場でした。

■白髪染めのコツ

コストや時間と相談しながら、髪のダメージも考えて、サロンと自宅、うまく選びたいものですよね。そこで、自宅でもサロンでも共通した白髪染めのコツをMさんに教えていただきました。

M「自宅で染める場合も、一度は美容師さんに相談してほしいです。白髪の染まりやすさは人によって変わりますし、白髪染めを繰り返しているハイダメージ毛ですと、染料が多く毛髪に浸透してかなり暗く染まってしまう場合もあります。

一度暗いカラーに染まってしまうと、染料が抜けるまで時間がかかってしまうので、しっかり染めたいからと暗すぎる色を選ぶのはNGです。

自分が普段どのくらいの明るさレベルのカラー剤で染めているのか、美容師さんとのカウンセリングなどで確認しておきましょう」

どんなに忙しくても、賢く自分に合った方法を選んで、キレイに白髪染めをして、見た目印象もキープしたいですね。

【取材協力】元美容師Mさん
美容業界に携わっていた経験から、正しい知識を伝えていくのをモットーにブログを執筆。1ヶ月に約10万人に読まれるブログに成長している。

このニュースに関するつぶやき

  • ……ヅラがいい。染めるのめんどくさい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定