ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 冬から春のゆらぎ肌に!「肌の基礎体力」アップアイテム5選

冬から春のゆらぎ肌に!「肌の基礎体力」アップアイテム5選

1

2019年02月16日 20:30  つやプラ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

冬から春への季節の変わり目は、一年のなかでもかなり肌が揺らぎやすい時期です。

その時期にできるだけ肌トラブルをさけて乗り越えるために、もともと敏感な肌の人もそうでない人も肌の基礎体力をつけておきましょう。

美容エディター&ライターの筆者が、「揺らぎにくい肌づくりに役立つスキンケア」を5点ご紹介します。

■冬から春にかけては、肌環境が激変!?

寒い冬から春へと季節が変わる時期は、温かくなるのが嬉しい反面、肌にとって過酷な環境になります。

気温が上昇していく一方で湿度はそこまで高くなく、冬の間と大差がありません。ところが、紫外線量は増えていきます。また、風が強い日が多く、ホコリや花粉の舞う頻度が多くなります。

身体も肌もそういった「変化」に頑張って対応しようとしますが、「変化」自体が「ストレス」となります。

さまざまな変化で肌には過酷な時期

日本では3月が年度末で4月から新しい期がスタートし、春に人事異動が行われることも多く、「気候が大きく変わる時期に、社会環境でも変化が起き、とても忙しくなる」というアラフォー女性も多いと思います。

季節の変わり目は、心身ともに肌に過酷な状況というわけです。

また身体の中でも、アラフォー女性の年代以降は、水分量・皮脂量共に分泌が低下し始めます。なので、多少無茶をしたり睡眠時間や食事のバランスが崩れたりしても肌が揺らいだことのなかった人でも、この年代以降は肌トラブルの出現が増えてくるでしょう。

■何よりも角質層の“水分量”をキープする

過酷な時期にも揺らがない肌をつくるためには、毎日のスキンケアで「適切な保湿」をすることが大切です。「適切な保湿」というのは、肌の一番表面にある角質層の水分を保ち、外部からの異物が入り込むのを防ぐことです。

外部から異物が入り込むと、それが刺激となってトラブルを引き起こします。

よくいわれる「肌の水分」というのは、「水」ではなく角質層内の細胞と細胞の間を埋めている「細胞間脂質」のことです。この「細胞間脂質」を十分にキープすることが、肌の基礎体力をつけることになります

角質層の水分を保つには

角質層の水分を保つために、細胞間脂質にある「セラミド」や「NMF(ナチュラルモイストファクター)」と呼ばれる肌のうるおい成分が配合されているものでケアをしたり、それらを増やすような処方の化粧品でケアをしたりしましょう。

ヒアルロン酸」などの水分を抱え込む性質のある成分が配合されているものや、揺らぎやすい状態の肌のことがしっかり考えられている、敏感肌向けのシリーズもおすすめです。

■アラフォー女性におすすめ!揺らぎにくい肌をつくるスキンケア5選

(1)モイスチュア チャージ セラム/カバーマーク

モイスチュア チャージ セラム/カバーマーク

「角層の生まれ変わりをサポートする」というコンセプトの美容液です。スキンケアの一番最初に使う導入美容液で、角質層をうるおいで満たしてくれます。

「モイストナノカプセル」採用のため、角質層にしっかり浸透し、細胞間脂質と類似した構造で肌の水分保持力を高めてくれます

また、塗った後に上からやさしくハンドプレスすることで、「キトサンスプレッドゲル」が成分を角質層のすみずみまで届けてとどまり、水分蒸散を防ぎます。

筆者が毎日使いつづけたところ、真冬でも粉が吹くようなカサつきは起こしませんでした。(本体 40ml 税抜価格9,000円/リフィル 40ml 税抜価格8,500円 カバーマーク)

(2)ケイカクテルVローション/ドクターケイ

ケイカクテルVローション/ドクターケイ

美容皮膚科医が開発しているシリーズの化粧水です。単に肌にうるおいを与え、キープするというだけでなく、神経細胞にまで働きかける、というのが特徴です。

忙しさや睡眠不足などで心身が疲労し、肌の神経バランスが乱れているような状態を立て直すために、12種類の「ビタミン」、そして「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などがたっぷり配合されています。

ストレスにさらされてダメージを受けた肌を整えて、毛穴の目立たない透明感のある肌に導きます。外的、内的ストレスが共に強い春先にぴったりです。

ゼラニウムとラベンダーのエッセンシャルオイルの香りに癒されながらケアができます。(150ml 通常税抜価格7,000円 ドクターケイ)

(3)アルギンエイド ゲル n/フイルナチュラント

アルギンエイド ゲル n/フイルナチュラント

抱水力にすぐれた「アルギン酸」や、「アミノ酸」「セラミド」「グリセリン」などの美容成分を、バランスよく配合した美容液ゲルです。

乾燥や肌荒れが気になる肌もしっかりうるおいで満たし、「うるおう力」を鍛えます。多少のことでは揺らがない肌づくりを手助けしてくるので、季節の変わり目の前後には特におすすめです。

長時間肌表面にとどまり外的ストレスをブロックしてくれるのは、ゲルの形状ならではの特徴です。

無香料・無着色・パラベンフリー・アレルギーテスト済で、元々敏感肌の人でも使いやすい処方なのが嬉しいですね。筆者も敏感になっていた時期にかなり助けられました。(45g 税抜価格3,500円/100g 税抜価格6,500円 ドクターフィル コスメティクス)

(4)lovable you! アクア モイストリッチクリーム/フレスカ

lovable you! アクア モイストリッチクリーム/フレスカ

水の通り道として細胞膜上に存在するタンパク質「アクアポリン」を増やすことがわかっている「クレソンエキス」を配合した、美容液クリームです。

さらに、皮脂にも含まれている「スクワラン」や、抗酸化作用や肌のターンオーバーを促進する作用を持つ「プルーン由来の成分」なども配合されています。

保湿力の高さに定評のある美容液クリームです。

筆者の場合は、敏感になっていた時期の肌にも刺激なく使え、一度だけでなく何度も肌を立て直してもらっています。(50ml 税抜価格3,241円 フレスカ)

(5)ウォータリークリーム/フリープラス

ウォータリークリーム/フリープラス

敏感肌の人が使いやすい処方や成分を重視してつくられている、ロングセラーシリーズの最新保湿クリームです。

名前は“クリーム”ですが、クリームのベタつく質感が苦手という女性に向けて、独自の「水感クッション設計」となっており、ぷるぷるのジェルのようなテクスチャーを実現しています。手と肌の間でクリームがクッションとなり、軽く伸ばす時にクリームが崩れて水状に変化するという処方です。

肌に触れる時の摩擦をなくし、敬遠されがちなベタつきもなく、保湿はしっかりされるアイテムです。

「キンギンカ」「シソ」「アシタバ」などの和漢植物美容成分が、角質層をうるおいで見たし、揺らぎがちな肌のうるおいバランスを整えてくれます。(50g 税抜価格3,800円 カネボウ化粧品)

「冬から春にかけては肌が揺らぐこともある」と頭の隅におき、そういう時期もできるだけ揺らがない肌づくりを心がけていきましょう。

(美容エディター&ライター 斎藤真知子編集プロダクションと美容雑誌編集部を経てフリーランスに。かれこれ20ウン年美容雑誌業界の片隅でお仕事中。肌データは、アトピー持ちの(でも現在はほぼ出ない)基本乾燥肌。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定