ホーム > mixiニュース > コラム > 社員も会社も幸せになる「働き方改革」を成功させるための秘訣とは? 【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】

社員も会社も幸せになる「働き方改革」を成功させるための秘訣とは? 【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】

0

2019年02月18日 19:01  新刊JP

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

新刊JP

写真越川慎司さん(左)と鬼頭あゆみ
越川慎司さん(左)と鬼頭あゆみ
みなさん、こんにちは! 鬼頭あゆみです。

インターネットラジオ「本が好きっ!」、第42回目のゲストとしてお越しいただいたのは『働きアリからの脱出 個人で始める働き方改革』(集英社刊)の著者である越川慎司さんです。

越川さんはこれまでNTTや外資系通信会社、マイクロソフトに勤務されてきましたが、我慢して会社や上司の為に働くことから卒業。現在は、時間に追われることなく週休3日で働いています。しかも休みが増えたのに収入は増え続け、仕事を選ぶことの出来る状態にまでなっているとも。

どうしたらそんな働き方ができるのか疑問に思い、働きアリから脱出するための具体的な行動とは何か?ということをうかがいました。



■働き方改革は12%の企業しか上手くいってない?

今、どの会社でも対応を迫られている「働き方改革」。ところが、越川さんによれば、多くの企業でうまくいっていないそうで、最新のクラウドやAIを導入しても利用率が低かったり、残業を抑制するために19時にオフィスの電気を消すなどして社員のモチベーションが下がったりと、弊害をよく耳にするのだとか。

越川さんの会社で527社にヒアリングを行ったところ、働き方改革が上手くいっている企業は12%しかなかったそうです。そして、その原因は「手段と目的をはき違えていること」にあると述べ、本来目指すべき「会社の成長と社員の幸せの両立」が理解されていないと指摘します。

では、働き方改革を成功させるにはどうすればいいのか。
それは、企業のトップが「やめること」「やること」を宣言し、社内に浸透するまで徹底して言い続けることなのだとか。



■社員の「働きがい」を高めることが業績アップにつながる

越川さんは現在、週休3日で働き、余った時間でスキルアップをしたり、趣味の時間にあてたりするだけでなく、お母様の介護もされています。

今後10年以内に、日本人の5人に1人は介護することになると言われているといい、人手不足に悩む企業のためにも、一人ひとりが働きアリから脱出する「働き方改革」を成功させることが必要だと述べます。

また、生産性の面からいっても、社員の「働きがい」は非常に大事。なんと、1.5倍も生産性が高いというのです。社員が働きがいを持つことは、会社の業績に連動しやすいと越川さんは言います。

越川さんの著書『働きアリからの脱出 個人で始める働き方改革』には、働き方を変えるための具体的な方法が数多く書かれています。インタビュー中には、仕事時間を時短できる書き起こしアプリがiPhoneの中にあることを教えてもらいました。これで私も効率アップです!

講演などで話をしても、実際に行動に移す人は全体の10%、さらにその中で継続的にやり続ける人はさらに10%と、越川さん。つまり全体の1%しか行動を継続しないのだそう。是非、本を手にとって、新しい働き方に挑戦してみてはいかかでしょうか。

【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】
ブックナビゲーター・鬼頭あゆみによる書評ラジオ。毎回、話題の本の著者が登場して、本について掘り下げるインタビューを届ける。
オーディオブック配信サービス・audiobook.jpにて無料配信中。

    前日のランキングへ

    ニュース設定