ホーム > mixiニュース > トレンド > 日本のほぼ全ての神様に、一気にお参りできる! 茨城の「最強パワースポット」御岩神社とは

日本のほぼ全ての神様に、一気にお参りできる! 茨城の「最強パワースポット」御岩神社とは

4

2019年02月19日 06:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真御岩神社拝殿(Papakuroさん撮影、Wikimedia Commons
御岩神社拝殿(Papakuroさん撮影、Wikimedia Commons

茨城県日立市に、「国内屈指のパワースポット」と呼ばれる霊験あらたかな神域がある。常陸国最古の霊山と言われている御岩(おいわ)山だ。御岩山は海抜約530メートルの山だが、古代より信仰の山として崇められ、中世から修験の山として、多くの修験者たちを集めてきた。

この御岩山には、御岩神社をはじめ、かびれ神宮、斎神社、薩都神社があり、御岩山全体で188柱の神が祭られている。「日本の神様ほぼ全てにお参りできる」などと言う人もいるほどで、多くの参拝客が訪れているという。いったいどんなところなのか? Jタウンネット編集部は、2019年2月18日、電話で話を聞いてみた。

古代から信仰の聖地だった!

御岩神社三本杉(Papakuroさん撮影、Wikimedia Commonsより)

電話で答えてくれたのは、御岩神社の担当者だ。

「この地から、縄文晩期の祭祀遺跡が発掘されていることや、『常陸國風土記』にも記されていることから、古代より信仰の聖地であったと考えられています。江戸時代には、水戸藩初代徳川頼房公が出羽三山を勧請し、以後の藩主代々が参拝する祈願所でした。」

祭神の数が188柱もあるのはなぜなのか? と聞くと、「出羽三山からの勧請と、多くの修験者の勧請によるものと考えられます」との返事だった。

御岩神社楼門(Papakuroさん撮影、Wikimedia Commonsより)

御岩山の西側斜面一帯が神域となっており、社殿が点在している。

山麓にある御岩神社の祭神は、国常立尊(くにとこたちのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)、伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)、伊邪那美尊(いざなみのみこと)など22柱。

斎神社は、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、八衢比古神(やちまたひこのかみ)、八衢比賣神(やちまたひめのかみ)を祀っている。

表参道奥宮・かびれ神宮には、天照大神(あまてらすおおみかみ)、邇邇藝命(ににぎのみこと)、立速日男命(たちはやひをのみこと)が祀られている。

かびれ神宮からさらに登ると、御岩山頂だ。「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」と常陸風土記に記された、まさに聖地である。

かびれ神宮(Papakuroさん撮影、Wikimedia Commonsより)

御岩神社から、各社に参拝しながらゆっくり登って行くと、約1時間で御岩山山頂。水芭蕉の見頃は3月中旬から4月初旬、石楠花(しゃくなげ)の見頃は4月中旬から5月初旬だ。花の百名山としても知られる御岩山を参拝するなら、やはり春がおすすめだ。

御岩神社担当者も、「石楠花の季節は本当にきれいですよ」と力説していた。パワースポットを訪ね、188柱の神々に手を合わせるなら、時季も選んだ方がいい。御岩山入山の際は、登山靴やトレッキングシューズを履かれることを、ぜひおすすめしたい。

このニュースに関するつぶやき

  • それが本当なら神様に頼んで魅力度ランキング上位に上げてもらったら?(´・ω・`)
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定