ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > ドルトムント、ニュルンベルクとドローで5戦未勝利に…久保裕也は先発出場

ドルトムント、ニュルンベルクとドローで5戦未勝利に…久保裕也は先発出場

0

2019年02月19日 11:40  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真首位ドルトムントが手痛いドロー [写真]=Bongarts via Getty Images
首位ドルトムントが手痛いドロー [写真]=Bongarts via Getty Images
 ブンデスリーガ第22節が18日に行われ、ドルトムントとニュルンベルクが対戦した。ニュルンベルクの久保裕也はスタメンで出場し、85分までプレーしている。



 ドルトムントは現在ブンデスリーガで首位を走っているが、直近の公式戦では4試合連続で白星から遠ざかっている。一方のニュルンベルクも、リーグでは15戦未勝利で最下位に沈んでおり、12日にはミヒャエル・ケルナー前監督の解任を発表。指揮官交代後初の公式戦となった。

 試合は序盤からドルトムントが主導権を握るも、ニュルンベルクが体を張った守りでゴールを許さない。28分にはニュルンベルクが反撃に転じるも、ハノ・ベーレンスが放った強烈なヘディングシュートはドルトムントのGKロマン・ビュルキに防がれ得点ならず。

 一方のドルトムントも猛攻を仕掛ける。34分にマリオ・ゲッツェがミドルシュートを狙うと、44分にはジェイドン・サンチョのコーナーキックをゲッツェが頭で合わせる。しかし、ゴールを奪うには至らない。前半はスコアレスで終了した。

 後半に入っても試合は依然としてドルトムントペース。しかし、ニュルンベルクも最後まで集中を切らさない。85分にはユリアン・ヴァイグルのスルーパスに抜け出したパコ・アルカセルが右足で狙うも、枠を捉えきれず。試合はこのままタイムアップ。首位と最下位の一戦は、勝ち点1を分け合う結果となった。

 次節、ドルトムントは24日にホームでレヴァークーゼンと、ニュルンベルクは23日に敵地でデュッセルドルフと対戦する。

【スコア】
ニュルンベルク 0−0  ドルトムント

【スターティングメンバー】
ニュルンベルク(4−1−4−1)
マテニア;ヴァレンティーニ、ミュール、エヴェルトン、ライボルト;ペトラーク;久保裕也(85分 パラシオス)、レーヴェン(77分 バウアー)、ベーレンス、ペレイラ;ズレリャーク(66分 イシャク)

ドルトムント(4−2−3−1)
ビュルキ;ヴォルフ、ヴァイグル、ザガドゥ、ディアロ;ヴィツェル、デラネイ(80分 ラーセン);サンチョ、フィリップ(63分 パコ・アルカセル)、ゲレイロ;ゲッツェ

    あなたにおすすめ

    ニュース設定