ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 貞子も「TikTok」デビュー

あの“貞子”もTikTokやってる時代だと……? 「見たら死ぬ」から「撮ったら死ぬ」呪いふりまく姿がどう見てもリア充

54

2019年02月19日 14:05  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真動画映えスポット、きちゃった
動画映えスポット、きちゃった

 映画「リング」シリーズに登場する貞子が、2月16日に東京・銀座で開催された「TikTok」公式オフ会イベント「TikTok CREATOR'S LAB.2019」に登場。TikTokデビューしたことを明かし、無言のままねとらぼのインタビューに応じました。



【画像】一般参加者にまぎれて列に並ぶ貞子



 招待された約400人のTikTokerがトークショーや“動画映えスポット”を楽しんだ同イベント。井戸や階段からおどろおどろしく顔を出す貞子のTikTok動画がスクリーンに映し出されると、両手を突き出したポーズで本人が登場し、MCの質問にうなづく形でTikTokデビューしたことを明かしました。



 カラフルわたあめなど動画映えする食べ物を手に撮影を楽しむTikTokerの姿を見て、私も欲しいと興味を持った貞子。長蛇の列最後尾に並び無料のわたあめとラテアートをゲットした後は、“撮影映えスポット”で自撮りを満喫するなど、怨霊らしからぬアグレッシブさでイベントを満喫していました。



 貞子の登場する映画「リング」がジャパニーズホラーブームを巻き起こしたのが約20年。その間、さまざまなイベントにも登場するなどスクリーンを飛び出しての活躍を見せてきました。そして、2019年5月24日には女優の池田エライザさん、俳優の塚本高史さんらが出演するシリーズ最新作「貞子」が公開予定。ティーザーポスターには不気味な井戸に黒髪が垂れ下がる光景とともに「撮るな」という文字が記されており、“呪いのテープ”とは違う形で人々を呪い殺す新たな貞子の姿を予感させます。



 イベント会場を後にしようとする貞子を直撃したところ、どんな質問にも「無言」を貫き通してくるストロングスタイル。しかし、そのつど呪念により記者の脳内にメッセージを念写してくれました。



―― TikTokデビューおめでとうございます。TikTokerとしての目標はありますか。



貞子 ……(やるからにはトップクリエイターを目指すつもりです。まだまだ初心者ですけど……みんなに拡散してもらえるような動画を作りたいな)。



―― 既に動画をアップされていますが、撮影時のエピソードがあれば。



貞子 ……(#白目チャレンジ とか #笑顔センサー とかも挑戦してみたんですけど、全然反応がなくて……泣きたくなりました!)。



―― TikTok撮影で最も重要視しているポイントはどこですか。



貞子 ……(『驚き』ですね。呪いのビデオの時代から、見た人に『驚き』を与えることだけを考えてきました)。



―― 呪いのTikTokを投稿する予定もあるということでしょうか。



貞子 ……(呪いのTikTok? ふふふ……ノーコメントです)。



―― 最新作「貞子」の明かされていない内容をこっそり教えてください。



貞子 ……(主演である池田エライザちゃんの『この映画、容赦ない』というコメントに尽きると思います。今回は『撮ったら、死ぬ』がテーマですが、自撮りの場合はいったいどうなっちゃうんでしょう……映画もTikTokも楽しみにお待ちくださいね)。


このニュースに関するつぶやき

  • お前はキティちゃんか!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • もうええってこいつ。全く面白くないから、思いっきり滑ってるから https://mixi.at/a3xqMeD
    • イイネ!25
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(29件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

ニュース設定