ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「けものフレンズ2」今後かばんの再登場は? 木村監督&ますもとたくや氏に聞いてみた【インタビュー】

「けものフレンズ2」今後かばんの再登場は? 木村監督&ますもとたくや氏に聞いてみた【インタビュー】

16

2019年02月19日 20:32  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真「けものフレンズ2」(C)KFP2A
「けものフレンズ2」(C)KFP2A
前作主人公・かばんの登場により話題騒然となった『けものフレンズ2』。2月19日放送の第6話「あたらしいあさ」では、かばんとサーバルの関係をはじめ本作のテーマや今後の物語の根幹に関わると思われる設定が多数明らかになった。

そこでアニメ!アニメ!では木村隆一監督と脚本家のますもとたくや氏にメール文書によるインタビューを実施。本作のテーマや前作とのつながり、サーバルとかばんのその後についてなど、第6話放送終了時点で公開可能な限りのお話を伺った。

【関連記事】「けものフレンズ2」第5話にて早すぎる急展開! この後どうなる?

※本記事は『けものフレンズ2』のテーマの根幹に関わる内容を含んでいます。その点ご理解の上お読みください。

質問1
かばんが出てきたことで前作との連続性が色濃くなりましたが、『2』のこの後の物語や作品テーマは前作をおさえたものになるのでしょうか? 『2』独自のものになりますか?

木村監督
前作とつながるストーリーもありますが、最初から『2』独自のテーマを描いていますので、放送が始まってから『けものフレンズ』を知っていただいた方は『2』からみていただいても楽しんでもらえると思います。
また、前作を見直していただいて、つながりを楽しんでいただけるとも思います。

ますもと
このアニメをきっかけに、動物園や水族館に足を運んでもらったり、動物に親しみを感じてほしいという思いは変わらないと思います。
『2』は特に、歴史上でヒトと関わりの深い動物のフレンズが多く登場します。人類が動物に与えた影響には様々なものがあります。そこを描くにあたって、今後いろいろ出てきます。

質問2
(質問1に付随して)前作では「ヒトとは何か?」というテーマが内包されていましたが、それと同じ、または近い、もしくは発展したテーマが描かれますか? またそれはどんなものでしょうか?

木村監督
「ヒトとは何か?」というのは引き続きですが、『2』は「人間にとって家とは何なのか」を、様々なフレンズとの対話を通して描ければと思っています。

ますもと
今回は動物とのかかわりを含めたヒトが持つ社会性もテーマになると思います。
キュルルはいわゆる「ホモ・ルーデンス」(※)でもありつつ、その遊びによっておうちの外で他者との関わりを学んでいきます。
また、ヒトの社会については広い目で見ると作品の中だけでなく『けものフレンズ』そのものをとりまく状況こそ、それをよく表していると思います。これは前作からの「ヒトとは何か?」というテーマにも合っていると思います。

※ホモ・ルーデンスとは20世紀の歴史学者・ホイジンガの著書で、人間の本質を“遊び”にあるとする考え方のこと。

質問3
かばんはこの後また再登場するのでしょうか? また、サーバルとの過去に何があったのか描かれるのでしょうか?

木村監督
再登場するのかは、今後のアニメに注目してください。

ますもと
どうなんでしょうか。お楽しみに。

質問4
第7話以降を楽しむにあたって、第1話〜第6話のどういったところを再チェックしておけばいいですか? おさえておいてほしいポイントは?

木村監督
前半で出てきた要素が後半でつながってくるので、最初から見直していただけるとより一層楽しめると思います。
例えば、セルリアンの形の意味や、オオセンザンコウ・オオアルマジロが何を調査しているか……等も今後のストーリーでわかってきます。

ますもと
キュルルたちの旅は一方通行ですが、たとえば動物園や水族館に行くと、大まかにコースが決まっていても、どの子に会いに行くかはたいてい自由です。
『2』ではそんな風に「あの子にまた会いに行きたいな」というシンプルな感覚でもう一度観に行ってもらえたら幸いです。


質問5
本作及びシリーズのファンに、今後どんなところに注目して楽しんでほしいですか?

木村監督
上記述べたように色々な楽しみ方があると思います。加え、やはりこのアニメを通してたくさんの方に、動物園や水族館に足を運んでほしいという思いは強いので、動物の習性などにも注目いただき、楽しんでいただきたいです。
他に個人的な注目ポイントとしては後半の豪華キャストの共演でしょうか。みなさんお楽しみに。

ますもと
ヒトと動物の関係は、ヒトが興味を持ち、歩み寄ることで変わると思います。基本的には、ほんわかと観ていただきたい作品ですが、アニメを見終わった後に、生き物に対する愛や、ひいては地球環境や、ヒトとは何か、について考えるきっかけになればと思います。
またエンタメとしてのアニメの見どころで言うとキュルルとカラカルをはじめ、それぞれのキャラ達の距離感にも今後注目していただきたいです。どうぞ最終話までお楽しみに。

(C)KFP2A

このニュースに関するつぶやき

  • 新しいモノをつくると言いながら結局はかばんという「過去の遺産」にすがって、食い潰した。7話ももう…ね…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • たつき監督に続編を絶対に作らせないという意思を感じた
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定