ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > またダメ男!? 懲りない女性は幸せになれる?

またダメ男!? 懲りない女性は幸せになれる?

4

2019年02月19日 21:21  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真何度結婚に失敗しても、何度ダメ男に溺れても、懲りずに同じような恋愛を繰り返す女性は果たして幸せになれるのでしょうか。
何度結婚に失敗しても、何度ダメ男に溺れても、懲りずに同じような恋愛を繰り返す女性は果たして幸せになれるのでしょうか。
人の数だけ恋愛のカタチはあります。誰がどんな恋愛をしていようと他人には関係ないものですが、たとえば身近な女友達がダメ男タイプの相手に振り回されていたりしたら、心配になってしまうでしょう。

世の中には、何度も同じような悪い男に騙されたり、不幸になりそうな恋愛に溺れてしまったり、後先考えず奔放な恋愛を繰り返す人がいます。失恋して落ち込む彼女を励まそうと思ったら、あっけなく次の恋人を見つけていたり、懲りない彼女に翻弄される周囲はたまったものではありません(笑)。二度の離婚を経験してもなお新たな恋愛に挑む女性に対し、ポジティブさを評価する人もいれば、軽率さを感じている人もいるでしょう。

しかし、恋愛はひとりではできません。彼女のようなタイプを好む男性が少なからずいるからこそ、次々と恋がはじまるのも事実。果たして、そこにはどんな魅力があるのでしょうか。

■条件や将来性で相手をジャッジしない
一部のエリートや自信家な人を除き、胸を張って自身のスペックをアピールできる男性はそう多くはありません。女性から見れば及第点だと思う人であっても、意外なところにコンプレックスを抱いていたりするものです。

そんな男性にしてみれば、恋愛や結婚対象として条件を重視しない女性やスペックの良し悪しを判断基準にしない女性はつき合いやすいでしょう。

■相手からの好意をまっすぐ受け止める
一見奔放そうにみえる女性に共通するのは、アプローチしてくる男性に警戒せず、素直に向き合う姿勢。どんな男性も勇気を出して接近してくることを考えれば、その後つき合うかどうかは別として、正面から向き合ってくれる女性に好意を持つのは当然でしょう。

ただし、素直すぎる女性は相手に対し疑いの目を向けないため、悪い男に騙されやすいのも事実。

女性を利用するタイプの男性は、騙せそうな人を見分けるセンサーが鋭いもの。痛い目に遭っても懲りない女性は、再び悪い男に言い寄られ同じ失敗を繰り返す可能性も高いのです。

■周囲の視線や評価を気にしない
恋愛は自分と相手のふたりでするものですから、本来周囲の視線や評価を気にする必要はありません。しかし自分の彼氏や夫と女友達のパートナーを心の中で比較し、その優劣が愛情にまで影響する女性は少なくないようです。

誰のために恋愛をするのかと問えば、他人と比較することほど愚かなことはないとわかるはず。自身の愛情に自信があれば、周りを気にすることなく自分の「好き」に正直でいられるもの。そんな女性は男性から見ても魅力的です。

自由奔放な女性に好意をもつのは、同じく奔放な生き方を理解しあえる相手、または自分にはできない「憧れ」を抱くケース。しかし奔放ゆえ後先考えずに進み「こんなはずじゃなかった」となることも少なくないはず。

何度失敗しても懲りない彼女のような人は、何も考えていないおバカさんなのではないかと思う人もいるでしょう。だけど軽率なほど恋を繰り返す彼女にも、そうしたくなる(せざるを得ない)心情があるのです。

自由奔放さの裏側に潜んでいるものは?

恋愛に奔放な女性にもいろんなタイプがいますが、外野から見てあきらかに「ダメ恋愛」だと思える状態を繰り返してしまう女性にいえるのは、主体性のなさ。相手から好きになられると、どんなタイプか冷静に見極めることなく「せっかく好きになってくれたのだから」と期待に応えてしまうのです。

このようなタイプは優しくて情にもろいともいえますが、相手の本性を見抜く冷静さがないのが欠点です。後になって豹変してから「こんな人だと思わなかった」と失望したり、その情の深さが災いしズルズルと悪い男に振り回されてしまうのです。

主体性のなさというのは、生まれ持った性質ではありません。育ってきた環境や自己評価が低いなど、後天的に(あるいは一時的に)出てくるものですから、改善することは可能です。しかし、必ずしも「改善しなければいけない」ものではありません。

あなたが幸せならば、そのままでいい

もしもあなたが周囲から奔放だと呆れられたり懲りないヤツだと疎まれたりしているとしても、あなた自身が過去の恋愛を後悔したり現在の恋愛に悩んでいないのであれば、変える必要はないと思います(筆者自身も割と奔放な恋愛傾向ですが、不幸だと思ったことはありません)。

周りの誰に咎められようと、誰もあなたの人生に責任を持つことはないし、あなたが選んだことを他人のせいにするのはもってのほか。あなた自身が幸せな恋愛をしていると心から思っているならば、外野の声になど耳を貸さず、あなたらしく恋愛を楽しめばいいのです。

ただし、むやみに騒いで周囲に迷惑をかけたり、自身を不幸だと嘆いているのであれば話は別。それはあなたの性質が招いた結果ですから、あなたが変わらない限り、同じことを繰り返すでしょう。

感覚で相手を選ぶのは悪いことではありません。そこにほんの少し「誰にも左右されない自分の意志」がプラスされれば、不幸な恋愛から抜け出す強さや、受け身で流される弱さからの脱却を図れるはず。

自分の幸せは、自分にしか見つけることはできません。どんな恋愛だって、きっと多くの彩りを心に残しているものです。たとえ結果が別れとなっても「あのときは幸せだった」と振り返ることができれば、それはいい恋だったに違いありません。それは誰の意見でもなく、あなたの心が決めればいいのです。
(文:島田 佳奈(恋愛ガイド))

このニュースに関するつぶやき

  • ダメ女に引っかかっても、男は幸せになれるのなら、逆でも幸せになれるんじゃないの? 幸せはプライスレスなんですよね?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「ダメ男」って、何だろう? 私をダメ男と断定する人も居れば絶賛する人も居る。誰が何を基準に評価するかで、人の評価は違ってくる。友達がダメ出しした男にハマって幸せになることだってある。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定