ホーム > mixiニュース > トレンド > シャネル、逝去したカール・ラガーフェルドの後任はヴィルジニー・ヴィアールに

シャネル、逝去したカール・ラガーフェルドの後任はヴィルジニー・ヴィアールに

0

2019年02月20日 00:21  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真公式インスタグラムより
公式インスタグラムより
 「シャネル(CHANEL)」のアーティスティック ディレクターであるカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が、現地時間2月19日に逝去した。享年85歳。シャネルは公式インスタグラムで、同氏の右腕として知られるヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)を後任に任命したと発表した。
【訃報】モードの皇帝 カール・ラガーフェルドが逝去、享年85歳【ニュースの反響】ファッション界の重鎮カール・ラガーフェルド逝去、業界内外から追悼メッセージ続々

 シャネルのCEOであるAlain Wertheimer氏は「創造的な才能、寛容さ、並外れた直感を持ったカール・ラガーフェルドは常に時代を先駆ける存在だった。1980年代初めにブランドを改革させるべく私は全てを彼に一任し、彼はシャネルの世界的な成功に大きく貢献した。私は1人の友人を亡くしただけではなく、比類なき天才を失った」とコメント。ヴィルジニー・ヴィアールは30年以上にわたりカール・ラガーフェルドを支えてきた人物で、今年1月に開催された2019年春夏オートクチュールコレクションのショーでは同氏に代わりフィナーレに登場していた。
[[https://www.instagram.com/p/BuEN73QlQgW/?utm_source=ig_web_copy_link]]

    あなたにおすすめ

    ニュース設定