ホーム > mixiニュース > 海外 > インドネシア・モルッカ海峡でM5.9 スラウェシ島とハルマヘラ島の間

インドネシア・モルッカ海峡でM5.9 スラウェシ島とハルマヘラ島の間

0

2019年02月20日 10:51  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真対岸では津波が発生する可能性があると注意されている(BMKG)
対岸では津波が発生する可能性があると注意されている(BMKG)

 インドネシア気象気候地球物理庁(BMKG)によると、日本時間20日午前9時10分ごろ、インドネシアのモルッカ海峡を震源とするマグニチュード(M)5.9の地震が発生した。
 地震が発生したのは、スラウェシ島北東部とハルマヘラ島にはさまれたモルッカ海峡。震源の深さは約36キロで、BMKGは両島の対岸で津波が発生する可能性があるとして、海岸近くへ近づかないよう注意を呼びかけている。

 震源付近は、オーストラリアプレートと太平洋プレートが接する海溝が存在しており、世界でも最も地震活動が活発な海域。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定