ホーム > mixiニュース > トレンド > AOKIがオーダースーツ専門の新業態「アオキトーキョー」を立ち上げ、1着2万円台から

AOKIがオーダースーツ専門の新業態「アオキトーキョー」を立ち上げ、1着2万円台から

1

2019年02月20日 11:32  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真Aoki Tokyo 銀座6丁目店 店内 Image by: AOKI
Aoki Tokyo 銀座6丁目店 店内 Image by: AOKI
 AOKIが、オーダースーツ専門の新業態「アオキトーキョー(Aoki Tokyo)」を立ち上げた。3月1日には銀座と池袋に2店舗を同時出店する。

 同社は、2016年に銀座本店にショップインショップ「THE TAILOR SHOP AOKI」を開設。昨年10月からは「アオキ(AOKI)」と「オリヒカ(ORIHICA)」でメンズオーダースーツを拡大するなど、オーダー事業を拡充してきた。
 アオキトーキョーでは1着2万4,000円(2着セットの税別価格)からメンズのオーダースーツを販売する。フィッティングでは専門フィッターによる全身約28ヶ所の採寸に加え、猫背や反り身、肩の位置、O脚やX脚など、細かな補正調整も行いフィット感を実現。老舗紳士服メーカーとして培ってきた最高品質に加え、納期は最短3週間という既製品と変わらない時間で仕上がるスピード感と価格を強みに、それぞれの顧客に似合うスーツを提案する。購入後にサイズが異なったり故意ではない破れなどを無料で手直しする「1年間の無料お仕立て直し保証」や、万が一出来上がった商品が気に入らなかった場合の「3ヶ月以内全額返金保証」などのサービスも充実させる。
 同社がオーダースーツ専門業態を立ち上げるのは今回が初めてで、2017年から構想を重ねてきたという。グランドデザインにInamoto & Co. Founding Partnerのクリエイティブディレクター レイ・イナモト、空間デザインにアーキセプトシティ代表取締役の室井淳司、UXデザインにPARTYを起用し、ブランドコンセプトやロゴ、ブランドネーム、ショップデザインなどサービス全体のデザイン・開発を行った。トータルプロデュースとして、デジタルガレージグループのマーケティング エージェンシーであるDGマーケティングデザインが協力した。
 出店は大都市圏のビジネス街や主要ターミナル駅を中心に進めていく方針で、既存事業ではリーチできなかった20代〜40代をメインターゲットに据える。同社は5年後を目処にオーダー事業全体の売上高100億円以上の達成を目指す。
■Aoki Tokyo 銀座6丁目店住所:東京都中央区銀座6-13-16 ヒューリック銀座ウォールビル1階電話番号:03-6226-4888店舗面積:38坪営業時間:平日11:00〜21:00、土日祝11:00〜20:00オープン日:2019年3月1日(金)
■Aoki Tokyo 池袋東口店住所:東京都豊島区南池袋1-19-12 山の手ビル東館1階電話番号:03-5985-5888店舗面積:30坪営業時間:平日11:00〜21:00、土日祝11:00〜20:00オープン日:2019年3月1日(金)
■Aoki Tokyo:公式サイト

このニュースに関するつぶやき

  • 倉敷にも作ってほしいわ!オーダーメイドなのに安いですね!
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定