ホーム > mixiニュース > コラム > 職場の活気も生産性も落とす「愚痴っぽい空気」の怖さ

職場の活気も生産性も落とす「愚痴っぽい空気」の怖さ

0

2019年02月20日 18:22  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真労働条件はそこそこでも活気と生産性にあふれた会社がある一方で、そんな悩みを持つ企業も少なくありません。
労働条件はそこそこでも活気と生産性にあふれた会社がある一方で、そんな悩みを持つ企業も少なくありません。

労働環境はよさそうなのに、生産性が低い会社の問題点

「うちの会社は、好待遇な条件で採用していると思う。それなのに、どうして生産性が上がらないのだろう?」……企業の経営者の方からは、ときどきこんな話を聞くことがあります。

職場環境は良好、報酬は業界平均を上回っている、残業が多すぎる訳でもない……つまり、会社は社員に喜んでもらえるような労働条件を提供している。それなのに、なぜか社員のやる気も、生産性も上がってこないという企業があります。

理由は様々かもしれませんが、しばしばその答えのカギを握っているのが、社内の「人間関係」。とりわけ、社長の目には届きにくい「インフォーマル」な人間関係が、この問題に影響している可能性は低くありません。

ここで、「ホーソン実験」という有名な労働心理学の学説をご紹介しましょう。

20世紀初頭、ハーバード大学のメイヨーらによる研究グループが、大手電話機メーカーの工場において、作業効率の実験調査を行いました。まず照明の明るさと作業効率との関係を調べましたが、大きな差は現れませんでした。また、賃金や休憩、昼食の支給など、時間的条件や経済的条件を変えて実験してみましたが、決定的な差は現れませんでした。

では、そうした「条件」よりも生産性に影響を与えていたものとは、何だったのか? それは、働く人たちの「人間関係」だったのです。つまり、一緒に働く者同士がコミュニケーションを取り合いながら、よい雰囲気で働くこと。このように、ある組織内にいる人が自主的に、自由につくる非公式の人間関係の集まりを「インフォーマル・グループ」と言いますが、労働意欲はこの集団の雰囲気に左右されることが分かりました。

労働条件よりも会社の活気を左右する「インフォーマル・グループ」

一般に、企業のトップが把握する社内の集団は、公式的に割り当てられた「フォーマル・グループ」です。一方で、社内にどんなインフォーマル・グループがあり、どんな会話を交わしながら仕事に向きあい、刺激を与えあっているのか……。こういう瑣末なことには、目を向けていないのではないでしょうか?

しかし、いくらよい労働条件を与えていても、その会社で働く人たちの雰囲気が悪ければ、生産性は低下してしまいます。

たとえば、相性の悪いメンバーとチームを組まされる職場。冗談や世間話を交わし合う相手もいない職場。不真面目な社員が野放しにされ、雰囲気を乱している職場……。こんな職場では、そこそこよい給料をもらっていても、社員のやる気は失せ、仕事で工夫をしてみたり、能率を上げてみよう、などいう気持ちなど湧かなくなってしまうでしょう。

逆に、チーム内の仲がよく、「最近大変そうだね。手伝うよ」「一緒にやっていこう」といった言葉が飛び交う職場。食事会などが社員同士で自主的に催され、仕事の目標や会社でやりたいことを、自由に楽しく話し合える職場はどうでしょう? こうした職場なら、仲間に恵まれ、仕事を楽しく感じるはず。そのため、多少労働条件に不満はあっても、「頑張って働こう」と思うものではないでしょうか?

「グチっぽい空気」は活気と生産性を下げる原因に……

インフォーマル・グループの不満を放置していると、生産性は低下する一方です。とくに、会社や上司に対する不満がくすぶり、グチが蔓延しているような会社は、要注意です。

そもそも、「仕事にグチはつきもの」と言われます。グチは鬱屈を解放し、直面している問題を明確にし、解決の糸口を見つけていく機会でもあるのです。

しかし、そのグチが蔓延してしまうのは、「アクションを起こしたところで、所詮何も変わらない」という、落胆とあきらめの気持ちが強いからでしょう。そうした会話が仲間内で飛び交うようになると、「集団極性化」が起こります。つまり、集団の中で議論を重ねることで、個人で思っているときよりも、極端な結論に流れやすくなるのです。

たとえば、個人レベルでは「あの上司、ちょっとなぁ」「うちの会社、大丈夫かな?」くらいに思っていた考えが、集団の中でグチのやりとりをしているうちに、「あの上司は自分勝手で無能!」「うちの会社はダメな会社」というように、極端な意見にまとまりやすくなる傾向があるのです。

このように、ちょっとしたグチから“不信感”に発展していくことは、少なくありません。こうなると、生産性どころの話ではありません。惰性で仕事、退職者が続出――社内は、いつしかこんな雰囲気に変わってしまうでしょう。したがって、企業のトップの方は、社員の人間関係やその雰囲気に目を向け、「グチっぽい空気」を放置しないように、気を配らなければなりません。

そのための第一歩としては、社員同士の「横のつながり」を奨励しつつも、「上下のコミュニケーション」も大切にすること。グチや不満も含めて社員の話によく耳を傾け、意見を「聞きっぱなし」にせずに、改善に役立てること。

上司がこうした姿勢を見せれば、社員のグチも減って、インフォーマル・グループの雰囲気は良くなっていきます。すると、労働意欲も高まり、生産性も向上していくと思います。
(文:大美賀 直子(精神保健福祉士・産業カウンセラー))

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定