ホーム > mixiニュース > トレンド > 幸せねこが暮らす「ねこ温泉」

幸せねこが暮らす「ねこ温泉」3選!温泉地のねこに癒される【全国】

590

2019年02月21日 16:00  じゃらんニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

じゃらんニュース

写真写真

いい温泉が湧いていて、幸せねこが暮らす温泉地「ねこ温泉」。

全国の「ねこ温泉」を巡っている温泉ライター西村が、選りすぐりの3ヵ所を紹介します。お湯にふやけて、看板ねこにほっこり。好きな人にはたまらないステキな温泉旅が楽しめますよ。

記事配信:じゃらんニュース

「ねこ密度」(たぶん)日本一。霧島の名湯・妙見温泉!【鹿児島】

妙見温泉
出典:じゃらんニュース
「妙見石原荘」の露天風呂は、源泉近くに浴槽を設けているのでフレッシュな浴感が楽しめます

鹿児島空港から車で15分。11軒の宿&立ち寄り湯がある妙見温泉は、温泉通にはよく知られた温泉地です。循環湯は一つもなく、すべての浴槽がかけ流し。どのお湯にも、ある程度の炭酸が含まれていて、中にはお肌にびっちり泡が付着するお湯もあります。個性的な極上湯が湧く温泉エリアです。

こちらの温泉地、ねこ好きさんからも注目を集めつつあります。なんと11軒ある温泉施設のうち7軒にねこがいるのです!これは、おそらく日本一のねこ密度(※10軒以上の宿がある温泉地の中で)。

ラグジュアリーな温泉旅館「妙見石原荘」から、歴史のある「おりはし旅館」、お手頃な湯治宿「楽園荘」まで、様々なタイプの施設にねこがいます。

「楽園荘」のゆずちゃん
出典:じゃらんニュース
小顔ににゃりたーい、「楽園荘」のゆずちゃん
「おりはし旅館」のトラちゃん
出典:じゃらんニュース
「おりはし旅館」で暮らすシャイなトラちゃん
「妙見石原荘」のロブーちゃん
出典:じゃらんニュース
「妙見石原荘」のロブーちゃん
ねこ温泉
出典:じゃらんニュース
ユキちゃんお気に入りのソファで@妙見温泉ねむ

妙見ねこのほとんどは、「ふらり」とその宿にやって来ました。

たとえば、昨年の冬、雪の降る日にやって来た「妙見温泉ねむ」のゆきちゃん。真っ白な長毛ふさふさのヘアがイケてる、ビッグサイズのオスネコです。目はキレイなオッドアイ。驚くほどフレンドリーなにゃんこで、人の声がすると、大きな体をゆさゆさと揺らしながら近づいてきます。なでなですると、気持ち良さそうな顔になり、こちらまで嬉しくなってきます。ユキちゃんは推定5歳。おそらく元飼いねこさんです。

保護してくれた支配人さんへのご恩返しなのか、「妙見ホテル」から「妙見温泉ねむ」へとリニューアルしたばかりの宿の、看板ねことして大活躍しています。

茶々丸くん@妙見館  撮影/奥村準朗
出典:じゃらんニュース
舐め好きな福助くんと、耐える?茶々丸くん@妙見館 撮影/奥村準朗

「妙見温泉ねむ」の川向かい、斎藤茂吉が命名した「くすしき国の虹のつり橋」を渡った先は、特にねこ濃度の濃いエリア。

現在、立ち寄り入浴だけを行っている「妙見館」には7匹のねこがいます。玄関先で出迎えてくれることが多いのが茶々丸くんと福助くん。
福助くんは、ほかのねこを舐めるのが大好き。しつこすぎて嫌がられているそうですが、茶々丸くんだけはお付き合いしてくれます。

つばめちゃん@田島本館
出典:じゃらんニュース
休憩中の先輩ねこ、つばめちゃん@田島本館
すずめちゃん@田島本館
出典:じゃらんニュース
後輩のすずめちゃんはお仕事中@田島本館

そのすぐお隣にあるのが「湯治の宿 田島本館」。こちらには三毛ねこ2匹が暮らしています。つばめちゃんとすずめちゃんです。2匹のカワイイ姿を見たいとやって来る人も徐々に増えてきました。

あんまんちゃん@秀水湯
出典:じゃらんニュース
迫力あるボス母あんまんちゃん@秀水湯。娘のはなちゃんも一緒に暮らしています
ショコラちゃん@秀水湯
出典:じゃらんニュース
妙見ねこで一番年若のチコちゃん(手前)と不思議顔のショコラちゃん@秀水湯

妙見の看板ねこは全部で17匹。最年長は17歳のあんまんちゃん。最年少は昨年夏に生まれたチコちゃん。2匹ともドバドバと温泉が注がれている「秀水湯」で暮らしています。

妙見ねこのいる施設には、「妙見温泉ねこ巡りMAP」も用意されていますので、地図を参考に湯めぐり&ねこ巡りを楽しんでくださいね。2019年2月28日(木)までは妙見温泉ねむの特設会場で、「第1回 妙見温泉ねこ写真展」も開催中です。

妙見温泉
TEL/0995-77-2201(「妙見温泉ねむ(旧妙見ホテル)」内 妙見温泉振興会)
住所/鹿児島県霧島市
アクセス/車:九州道溝辺鹿児島空港ICより車で15分
電車:JR 嘉例川駅よりバスで25分(日の出温泉経由)、JR 国分駅よりバスで22分
泉質/基本、ナトリウム・カルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉
「妙見温泉」の詳細はこちら

>>>次ページは信州の名湯・野沢温泉

ねこ色濃厚!信州の名湯・野沢温泉の老舗宿【長野】

桐屋旅館
出典:じゃらんニュース
硫黄がほどよく香る自然湧出のお湯がかけ流されています

次に紹介するのは、信州の名湯として知られる野沢温泉。温泉キッチン「麻釜(おがま)」のほど近くにあるのが、明治時代に創業した「桐屋旅館」です。風流な庭とかけ流しの温泉、そして木造離れの客室を持つこちらのお宿には、現在5匹のねこがいます。

ショースケ君
出典:じゃらんニュース

ショースケ君
出典:じゃらんニュース
外が大好きなショースケ君。館内にいても外が見える場所にいることが多いです

最年長は6歳のショースケ君。野沢温泉で生まれた生粋の地元ねこです。ショースケ君はお外が大好き。周辺パトロールをしたり、ハンティングをしたり、野沢ねことして活躍しています。

そのあとやって来たモモちゃんは、お宿の中の担当。玄関先にちょこんとすわってお出迎えしてくれたり、気が向いたら客室までお客さんを案内してくれたりします。

モモちゃん 撮影/三浦勝広
出典:じゃらんニュース
玄関でお出迎え中。ちょっと若い頃のモモちゃん 撮影/三浦勝広
モモちゃん
出典:じゃらんニュース
モモちゃん、客室点検に来てくれました!

桐屋さんにはこのほか、とってもシャイでめったにお目にかかれない「幻ねこ」のナナちゃんもいます。また1歳間近の白黒ねこ・ハチちゃんや、まだまだ幼顔のスズちゃんも暮らしています。

ニューカマーは今のところ、先代の隠居部屋や帳簿の奥で暮らしています。「会いたい」と希望すれば会えることもありますが、恥ずかしがり屋のため、必ず会える、というワケにもいかないので、ご了解くださいね。ねこだから…。

ナナちゃん
出典:じゃらんニュース
幻ねこのナナちゃん。カワイイなあ
ハチちゃん
出典:じゃらんニュース
白黒ねこのハチちゃん。だいぶん大きくなったかな
スズちゃん
出典:じゃらんニュース
スズちゃんはハチちゃんを兄と慕っています

そして桐屋旅館の周りには、ねこスポットが点在しているんですよ。ピザのおいしい「ビリケン食堂」、野沢ならではの工芸品を作っている「アケビ屋本店」などでもねこに会えるかもしれません。ねこ好きとっては、ルンルン気分でお散歩が楽しめる楽しい坂の温泉街です。

もずくちゃん
出典:じゃらんニュース
ビリケン食堂のもずくちゃん。こちらには4匹のねこ乙女がいます
「アケビ屋本店」のミーちゃん
出典:じゃらんニュース
「アケビ屋本店」のミーちゃん。小さくてかわいいンです 桐屋旅館
TEL/0269-85-2020
住所/長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷8714-2
アクセス/車:上信越道豊田飯山ICより国道117号経由で25分
電車:JR 飯山駅よりバス25分
料金/ 1泊2食1万3000円〜(税抜き) ※素泊まり、朝食付きなどでも宿泊OK
「桐屋旅館」の詳細はこちら

>>>次ページは山形の小野川温泉

日本でもココだけ!小野川温泉の「幸せ猫プロジェクト」【山形】

小野川温泉の「幸せ猫」 撮影/朝来えつ子
出典:じゃらんニュース
小野川温泉の「幸せ猫」。片耳をカットしてあるのは避妊去勢済みのしるし 撮影/朝来えつ子

最後に紹介するのが、山形県南部、米沢市の郊外に位置する小野川温泉。小野小町伝説が残る歴史ある温泉地です。

こちらでは2年前より「幸せ猫プロジェクト」が始まりました。これは温泉街の外ねこたちに避妊去勢手術をほどこし、一代限りの生を全うしてもらおうという試みです。

幸せ猫さん
出典:じゃらんニュース
こちらも幸せ猫さん。桜の花びらのように耳カットされています

活動主体は旅館組合の下部組織である女将会。各宿に募金箱を設置したり、1泊につき1000円をねこ活動にあてる寄付金付きの宿泊プランを設けたりしています。現在約20匹のねこたちが手術を受けました。ねこの飼い方についてアドバイスをしたり、捨てねこをしないなどの啓蒙活動もあわせて行われています。

「ねこ独楽」と募金箱
出典:じゃらんニュース
収益が活動資金になる「ねこ独楽」と各宿においてある募金箱
撮影/朝来えつ子
出典:じゃらんニュース
プロジェクトの中心になって活動している女将会・副会長の佐藤梨絵さんと宿ねこ・リンちゃん。梨絵さんが若女将を務める「亀屋万年閣」には2匹の看板ねこがいます。撮影/朝来えつ子

日本には現在約3000ヵ所の温泉地がありますが、温泉街全体でこうした活動を行っているのはおそらく小野川だけ。ねこ温泉イチオシの温泉地です。

小野川温泉
TEL/0238-32-2740(小野川温泉旅館組合)
住所/山形県米沢市小野川町
アクセス/車:東北中央自動車道米沢中央ICより15分
電車:JR 米沢駅よりバスで25分
「小野川温泉」の詳細はこちら

まとめ

今回紹介した3ヵ所の温泉地は、温泉もすばらしいところばかり。どこもかけ流しの温泉です。

ねこが幸せに暮らせる温泉地であるということは、地域を守ることにもつながり、それはお湯を大事にすることとも関連してきます。平和でのどかな「ねこ温泉」は、人にとっても居心地よく過ごせる場所なのです。

ねこ温泉
出典:じゃらんニュース
『ねこ温泉』(マガジンボックス社) 950円

2019年2月22日、平成最後のねこの日に、『ねこ温泉』が発売になります。幸せねこが暮らす、日本と台湾の温泉地70ヵ所を紹介しているので、ねこ温泉をもっと知りたい人はぜひ手にとってみてくださいね。

※この記事は2019年2月時点での情報です

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 人間より上位の生物はいない、 獣医とかは、ペットとかを、診療するけれど。 医学においては実験体でしかない
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ひょえー!記事ポチリしたら画像1枚かと思ったらたくさんにゃんこさん出てきた!たまんねえー!
    • イイネ!129
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(195件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定