ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > GACKT 伊勢谷にキスシーン提案

GACKT、伊勢谷友介とのキスシーンを自ら提案「どうしてもチューがしたかった」

68

2019年02月22日 19:29  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『翔んで埼玉』初日舞台あいさつに登壇した(左から)GACKT、二階堂ふみ、伊勢谷友介 (C)ORICON NewS inc.
映画『翔んで埼玉』初日舞台あいさつに登壇した(左から)GACKT、二階堂ふみ、伊勢谷友介 (C)ORICON NewS inc.
 歌手のGACKTと俳優・伊勢谷友介が22日、都内で行われた映画『翔んで埼玉』初日舞台あいさつに登壇。劇中の2人での“キスシーン”を振り返り、「もともとなかったけど、GACKTさんの提案」と武内英樹監督が明かし、「どうしても伊勢谷君とチューがしたかった」とGACKTが話すと、会場の女性ファンは大歓声をあげていた。

【動画】GACKT&伊勢谷友介、キスシーンを振り返る

 秘話を暴露した武内監督に対して「それは言わない約束。公私混同だよ」と苦笑いのGACKT。キスシーンについて聞かれた伊勢谷も「ディテール聞きます?」と笑い「乳首がぎりぎり見えてるなと、思いながらチューしました」と話すと、再び歓声。さらに、撮り終わった後に「以外と女性と変わんねえや!」と言っていたことを暴露した武内監督に拍手が起きると、伊勢谷は「GACKTさんの懐で暖かく芝居をさせていただきました」と感謝していた。

 主演の二階堂ふみも「キスシーンは現場でも噂を聞いていた」と話し「まさか、ここまで本格的とは。すごい役者魂だなと思いました」と振り返ると、武内監督が「実はあのシーン長すぎたので、カットしてるんですよ」と裏話を明かした。

 宣伝などで最近テレビへの出演が増えたGACKTは「僕は1年間に5本しかテレビ出ないと決めているんだけど、5年分は出た気がするので、しばらく休みたいと思います」と休業宣言。これには会場のファンも「えー」と大ブーイングすると、GACKTは「みなさんのブーイングで迎えられて、早く帰りたい気持ち満々です」と冗談でかわしていた。この日は、京本政樹も出席した。

 同映画の舞台は、東京屈指の名門校・白鵬堂学院。生徒会長の壇ノ浦百美(二階堂)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる。見るからに東京都民の麗だが、実は埼玉の手形制度撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。最初は埼玉県民をかばう麗に納得がいっていなかった百美だが、なぜか心ひかれていく。次第に、埼玉デューク(京本)、千葉解放戦線のリーダー・阿久津翔(伊勢谷)も登場し、どちらが通行手形を撤廃できるかという“茶番劇”に発展していく。


動画を別画面で再生する


このニュースに関するつぶやき

  • 『跳んで埼玉』映画館に2/23土の朝10時過ぎに行くと・・・既に初回から4回迄完売で残っているのは5回目の最終上映のみ。急ぎ購入して最終上映でみた。最終上映開始前には跳んで埼玉は満席を知らせるアナウンス・・
    • イイネ!0
    • コメント 18件
  • 魔夜 峰央 ワールド全開だなぁと思って観てましたが、Gacktさんの提案とは���줷����exclamation 『パタリロ』では バンコラン さんが、どれだけの耽美シーンを披露してくれることやら��������
    • イイネ!20
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(32件)

あなたにおすすめ

ニュース設定