ホーム > mixiニュース > コラム > ネットで個人ビジネス 成功を妨げる「まちがった情報」

ネットで個人ビジネス 成功を妨げる「まちがった情報」

0

2019年02月22日 20:02  新刊JP

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

新刊JP

写真『スキマ時間にサクッとできる集客術』(坂口太枝子著、同友館刊)
『スキマ時間にサクッとできる集客術』(坂口太枝子著、同友館刊)
インターネットやSNS、スマートフォンの定着によって、個人ビジネスへのハードルは一気に低くなった。

会社に勤めるよりも自分でビジネスを、と考える人は増えているはずだし、会社に勤めながらもう一つの収入源を持ちたいと企てる人もいるだろう。また、子育て中の主婦など、働きたいが働く時間がないという人にとっても、個人ビジネスはチャンスとなりえる。

ただし、ビジネスを成功させて安定した収入を得るのは決して簡単なことではない。参入が手軽になっているということは競争が激しくなるということでもある。どんな商品・サービスを売るかという見極めはもちろん、「集客」でつまずくことも多いというのは予想できるところだろう。

■Facebookは「魔法のツール」ではない

『スキマ時間にサクッとできる集客術』(坂口太枝子著、同友館刊)は、この「集客」に焦点を当て、マーケティングの知識がない人でもビジネスを成功させる方法を解説する。

本書によると、現在出回っているインターネットやSNSを利用した集客ノウハウについての情報には正しくないものや、今では時代遅れになってしまっているものも少なくないそう。

わかりやすいところでいえば「フェイスブックをするだけで商品が売れる」といううたい文句で集客ノウハウを伝授する類の広告は今でも多いが、当然ながらフェイスブックで自分の商品やサービスを告知するだけでモノが売れるはずもない。

ターゲットとなりうる層を見つけ、アプローチすることができるという意味でFacebookが集客ツールとして有用なことは著者も認めているが、問題は「どう使うか」なのだ。

また、集客ツールとしてよく使われるメールマガジンにも注意すべき点がある。「顧客のメールアドレスが1000以上ないと集客は難しい」と言われることがあるが、これも必ずしも当てはまらないと、著者の坂口太枝子さんは指摘する。

顧客になる可能性のほとんどないメールアドレスなら1000どころか10000集めても購買にはつながらない。大事なのは、自分の商品・サービスに関心を持つ内容のあるメールアドレスをいくつ集めるかなのだ。これは、メールアドレスをどうやって集めるかという問題にもかかわってくる。



ブログもメルマガも上手に使えば自分の商品やサービスをアピールでき、顧客となりうる層を確固たる顧客へと育てていくことができるツールではあるが、成功させるには「ただやるだけ」では超えられない壁がある。

どんなツールをどう使えば集客に結び付くのか。本書では坂口さんが自身の成功体験からその秘密を明かしている。
(新刊JP編集部)
    ニュース設定