ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』小日向文世が魅せる、まるで『コナン』な“茶番劇”

高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』小日向文世が魅せる、まるで『コナン』な“茶番劇”

1

2019年02月22日 23:02  日刊サイゾー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真TBS系『メゾン・ド・ポリス』番組公式サイトより
TBS系『メゾン・ド・ポリス』番組公式サイトより

 早くも折り返しに突入した高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)。15日放送の第6話の視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、前回より0.3ポイントアップしました。

 放送日前日がバレンタインデーということもあって、ひよりがメゾンのおじさんたちに義理チョコをあげるという微笑ましいシーンもあった今話。前回とはうってかわって楽しい雰囲気となった物語のあらすじから振り返っていきたいと思います!

(前回までのレビューはこちらから)

■“伝説の敏腕刑事・高平”爆誕

 突然メゾンを訪ねてきた高平さん(小日向文世)の娘・小梅(水谷果穂)。なんでも、彼氏が祖母を襲った犯人として疑われているため、無実を証明してほしいとか。事件の概要は、小梅ちゃんの彼氏である駿(水石亜飛夢)の1人暮らしの祖母・春江さん(吉田幸矢)が何者かに花瓶で頭部を殴られたというもの。駿は、そのときに盗まれたとみられる現金が入ったタンスから指紋が検出されたため、疑いをかけられていました。犯行時刻には小梅ちゃんとデートしていたので彼にはアリバイがあるのですが、警察からは彼女からの証言では信憑性に欠けると言われてしまったそうです。

 自分は元捜査一課のエースで、メゾンの住人である部下たちとチームを組んで難事件を解決していると小梅ちゃんに嘘をついていた高平さんは、元々所轄の警務畑にいたため現場経験はありません。そこで、メゾンのおじさんたちとひより(高畑)に頭を下げて捜査を依頼。伊達さん(近藤正臣)の提案で駿のほか、容疑者候補になっている春江の家族をメゾンに集め、「容疑者だらけの晩餐会」を開きます。

 晩餐会当日、いつものエプロンを脱いで、スーツの上にトレンチコートを羽織ってハットを被り、伝説の刑事“スッポンのタカアツ”になりきる高平さんは、耳につけたイヤモニから聞こえてくる別室で待機中の夏目さん(西島秀俊)と伊達さんの声を頼りに、みんなの前で推理を進めます。

 しかし、駿が犯人ではないところまでわかったところで、『サザエさん』で言うところの三河屋のサブちゃん的存在である草介(竜星涼)がメゾンに乱入。その拍子にイヤモニが壊れてしまうハプニングがありつつも、「この先は 新人に任せてくれるということですよね」と、ひよりが高平さんに替わって犯人探しを引き継ぎ、最初は乗り気じゃなかった迫田さん(角野卓造)と藤堂さん(野口五郎)の協力もあって、真犯人は、次男・寿三郎の嫁である藤子(長内映里香)だったことが判明。

 でも、一命を取りとめた春江さんは「空き巣に襲われた」と藤子さんをかばい、刑罰を望まなかったため、捜査は終了。高平刑事の活躍というより、チームメゾンドポリスのチームワークによって、事件は解決(?)したのでした。

 その後、駿が春江さんに度々お小遣いをせびっていたこと、タンスに指紋がついていたのは、金を盗もうとしたからだと知った小梅ちゃんは、駿と別れることを決意。本当は小梅ちゃんが高平さんの嘘に気づいていたことなんて思いもしない高平さんは、そんな小梅ちゃんから本命チョコをもらって大喜びする——という、なんとも平和なお話でした。

■それでいいのか……?

「今まで面倒見てきたんだから、花挿しのひとつくらいもらったっていいじゃない」と、1,000万円の花瓶をレプリカとすり替えていたところを春江さんに見つかり、衝動的に花瓶で殴ってしまった藤子さん。

 義理の兄姉たちに春江さんの世話を押し付けられ、春江さんには嫌味を言われていた彼女は、「ようやくこんな人たちと離れられる。お義母さんの世話もしなくていいし、スッキリした」と、潔くひよりに両手を差し出すくらい、精神的に参っているようでした。

 だからこそ、いくら被害者である春江さんが許したからとはいえ、そんな大岡裁きでいいのかなぁと疑問が残ります。

 入院中の春江さんそっちのけで遺産の配分で揉めていた義兄姉たちは、春江さんが許したとなれば、いきなり手のひら返し。兄姉たちと一緒になって藤子さんを責めていた夫の寿三郎も、同情の目を向けはじめるというクズっぷり。そんな家族が簡単にやり直せるとは思えないし、警察に捕まって罪を償った後、新しい人生をスタートさせたほうが、藤子さんにとっては幸せなんじゃないかなと、どうしても思ってしまします。ネット上でも「あの家族、きっとまた何かあればもめるな」「藤子さん、絶対離婚したほうが幸せになれるよ」などと心配の声が上がっていました。

 ドラマが始まって以来、初めて死人が出なかったものの、結末にはモヤモヤが残る事件でした。

 

■小日向文世の“母性”と“父性”

 とはいえ、今回はメゾンを舞台にしたワンシチュエーションコメディのような作りで、コミカルな描写が多く、事件の概要を説明するシーンで『名探偵コナン』でおなじみの全身黒タイツ男が出てきたり、“眠りの小五郎”的な通信機を使った推理など小ネタが効いていて、“茶番感”が見ていてとっても楽しいお話でした。

 そして何より、小日向文世さん演じる高平さん。小梅ちゃんに彼氏がいると知って「そんな人がいるなんてパパ聞いてないよ!」「あんな息子イヤ〜」と慌てる姿はとってもチャーミングだったし、その彼氏・駿が「俺は何もしていない!」と、犯行を否定したとき、

「君が倒れているおばあちゃんを見つけていたら、もっと早く病院に連れて行けたかもしれないんだよ」
「何もしなかった君はね、もっと反省しなきゃダメだよ!」

 と、めずらしく大きな声で怒る姿からは、家族のことを大事にしていることが伝わってきました。また、「あの子、昔っから私の前で絶対泣かないの」と、駿と別れることを決意した小梅ちゃんに好物のクッキーを持っていくようひよりにお願いしたあたりも、父としての顔が垣間見え、「高平」というキャラクターの魅力が存分に引き出されていたように思います。メゾンの母、伝説の刑事、そして高平家の父として、3つの顔をコロコロ切り替えて演じわける小日向さんのお芝居もさすがでした。

 そんな高平さんを、

夏目さん「お疲れさまでした、高平さん!」
伊達さん「名裁きでした!」
藤堂さん「さすが、すっぽんのタカアツ!」
迫田さん「伝説の名刑事、復活!」

 とおだててあげたり、小梅ちゃんがひよりに「昔っから最高のパパ」と言っているのを聞いて、ニヤニヤしながらみんなで高平さんを冷やかしたり、そういうおじさんたちのワチャワチャしている姿も、とってもかわいくて癒やされました! 初めの頃から比べると、このあたりのシーン、アドリブも入っているじゃないかと思うくらいみなさん自然な表情をされています。“おじ専”のみなさんにとってはたまらないシーンだったんじゃないでしょうか。

 

■次回以降が怖い

 さて、そんな明るく楽しい雰囲気のお話だったため、この高平回は今後待ち構えている暗〜い鬱展開の前座にすぎないのではないかと、疑ってしまいます。

 ラストでひよりの家を訪ねてきた捜査一課の間宮管理官(今井朋彦)は、

「シェアハウスには、敵が潜んでいるかもしれない」
「夏目は罪のない人間を殺している」

 と気になることを言っていました。そしてそんな2人の会話を盗聴している謎の人物。ネット上では、ひよりの家に行ったことがある草介を怪しむ声が多数上がっていますが、果たして……。

(文=どらまっ子TAROちゃん)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定