ホーム > mixiニュース > コラム > 部下や同僚なら最高な戦国武将

部下や同僚だったら最高だと思う戦国武将ランキング

220

2019年02月25日 11:32  gooランキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

gooランキング

写真部下や同僚だったら最高だと思う戦国武将ランキング
部下や同僚だったら最高だと思う戦国武将ランキング
今も語り継がれる戦国武将には、頭脳明晰で実力があり、忠誠心が強い……そんな優れた人が多数存在しました。「こんな人が部下だったらな」と想像したことがある人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、部下や同僚だったら最高だと思う戦国武将について探ってみました。

1位 黒田官兵衛(孝高)
2位 真田幸村(信繁)
3位 立花道雪(戸次鑑連)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「黒田官兵衛(孝高)」!

戦国時代の天才軍師と称された黒田官兵衛(孝高)。2014年にV6の岡田准一主演でNHKの大河ドラマ化されたことで大きな話題になりました。
軍師とは、戦いにおける作戦や策略を考えて指示する人を指し、黒田官兵衛は豊臣秀吉の軍師として才覚を発揮し、数々の戦を勝利に導きました。
大河ドラマでは、頭脳明晰で男気に溢れる黒田官兵衛の姿が魅力的に表現されていたこともあり、「こんな頭がキレる部下が欲しい」「こんな部下がいたら頼もしすぎる」という意見が多数。1位となりました。

2位は「真田幸村(信繁)」!

戦国時代最後の名将として知られる真田幸村(信繁)。こちらも2016年に堺雅人主演でNHKの大河ドラマ化されたことが記憶に新しいところ。
豊臣方の武将として、大坂夏の陣において徳川家康の本陣まで攻め込み、「日本一の兵」と称された真田幸村。堺雅人が演じた、人が良く、ひょうひょうとしていながらも、ここぞというときは活躍を見せる幸村のキャラクターに引かれた人が多く、2位となりました。

3位は「立花道雪(戸次鑑連)」!

戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将・立花道雪(戸次鑑連)。粒ぞろいと有名であった豊後の戦国大名・大友氏の家臣の中でも、その強さは際立つ存在でした。
雷を斬り、一命を取り留めたことから「雷神の化身」と呼ばれており、雷を斬ったことで下半身不随の後遺症が残ったものの、戦では輿に担がれながら戦ったと言われています。そんな伝説の武将・立花道雪が3位となりました。

このように、大河ドラマで描かれた戦国武将が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位〜56位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの戦国武将を部下や同僚にしたいと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,666票
調査期間:2018年9月06日〜2018年9月20日

このニュースに関するつぶやき

  • 森蘭丸はどっちかというとやらないか関係より秘書官として有能だったそうです。秘書というとやらないか的なことを思いついてしまうものなんですけどね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 黒田孝高や真田信繁を部下にしたいということは、孝高や信繁から見て自分が仕えるに足るだけの器にならないといけない。まさか、都合よく自分の配属されて来たから便利に使えるとか、そんな子と思う人はいないだろうけど。
    • イイネ!57
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(156件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定