ホーム > mixiニュース > 社会 > 台風2号「中心気圧915hPa」猛烈な勢力に発達! 目がハッキリ

台風2号「中心気圧915hPa」猛烈な勢力に発達! 目がハッキリ

2

2019年02月25日 17:51  ハザードラボ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真台風2号は猛烈な勢力に発達した(進路予測/気象庁)
台風2号は猛烈な勢力に発達した(進路予測/気象庁)

 25日午後3時現在、台風2号は中心気圧が915ヘクトパスカル(hPa)の猛烈な勢力に発達した。2月に発生した台風としては、観測史上、最も中心気圧が低い台風だ。
 気象庁によると、台風2号の中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径150キロ以内では暴風が、その外側では強風が吹いている。

 25日午後3時現在、猛烈な台風2号はマリアナ諸島近海を北北西に向かってゆっくりと進んでおり、24時間後のあす(26日)午後3時には、勢力をやや弱めて、フィリピンの東の海上に到達。今週いっぱいは、フィリピンへ少しずつ接近する見通しだ。 ■ハザードラボ「台風マップ」では台風の最新情報を更新しています。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定