ホーム > mixiニュース > コラム > 田畑毅元議員“準強制性交事件”で捜査潰しの動き! 山口敬之氏への逮捕状執行を止めた中村格・警察庁官房長が介入か

田畑毅元議員“準強制性交事件”で捜査潰しの動き! 山口敬之氏への逮捕状執行を止めた中村格・警察庁官房長が介入か

48

2019年03月03日 14:20  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真「自由民主党衆議院議員田畑つよし」ホームページより
「自由民主党衆議院議員田畑つよし」ホームページより

 準強制性交容疑で刑事告訴された田畑毅衆院議員は、3月1日の衆院本会議で辞職届けが認められた。2月15日に自民党へ離党届けを出してから2週間。辞職は遅きに失した感を否めない。



 なにしろ、田畑氏は、交際中だった名古屋市の20代女性から刑事告訴されているうえ、今週の「週刊文春」では、高校2年生の時に同じような行為をされたという女性から告発されてしまったからだ。



 記事によると、田畑氏は女子高生を都内の自宅兼事務所マンションに連れ込み、力任せに押し倒して避妊具も付けずに性交渉に及んだうえ、いやがる少女を押さえつけてビデオカメラで撮影していたという。



 田畑氏は“魔の三回生”と呼ばれ、何かとトラブルを起こす安倍チルドレンのひとりだが、高校2年への淫行行為は当選前に行われたものであり、安倍自民党は、性犯罪者を議員として迎え入れていたことになる。派閥の長である二階俊博幹事長はもちろん、安倍首相の責任も厳しく問われるべきだろう。



 しかし、現実はどうやら逆に動いているようだ。安倍首相や二階幹事長の責任どころか、事件はこのまま幕引きされてしまう可能性が濃厚になってきた。



前述したように、田畑氏は名古屋市の20代女性から準強制性交容疑で刑事告訴されているが、捜査をしている愛知県警が完全に腰が引けているらしいのだ。全国紙の愛知県警担当記者が語る。



「女性からの告訴状は愛知県警が2月6日に受理しています。国会会期中は不逮捕特権がありますが、田畑氏は議員辞職したわけですから、逮捕される可能性もある。そう思って、各社、取材をかけているんですが、捜査員の反応が消極的なんです。『交際していたわけだから、逮捕は難しい』『強制を証明できない』とかなんとか言い訳ばかり語っている。国民の目がありますから、在宅で書類送検くらいはするかもしれませんが、その場合も、送致書の内容は不起訴を誘導するようなものになるんじゃないかといわれています



 実は、こうした愛知県警の消極姿勢の裏には、例の安倍政権のおぼえめでたい警察官僚の介入がいあったのではないかといわれている。



 周知のように、事件は去年のクリスマスイブに起きたもので、女性は現場から警察に通報。警察官が駆けつけ、すぐに被害届を出しており、当初は、捜査現場もやる気を見せていた。ところが、それからほどなくして、空気が一変したのだという。



 きっかけは、愛知県警本部長の加藤達也氏が警察庁に呼び出されたことだったという。県警関係者がこう語る



「国会議員に関わる事件ということで、発生直後から警察庁には報告をあげていたようなんですが、年明け、捜査の指揮を執る県警の加藤達也本部長が警察庁に呼ばれ、中村格官房長から慎重捜査を厳命されたようなんです。この話が流れたあと、県警の捜査本部の空気ががらりと変わった。そのあと、刑事告訴は一応、受理しましたが、それはメディアの目があるからで、まともな捜査はほとんどできていません」



 警察庁からの圧力というわけだが、加藤本部長を東京に呼んだという警察庁官房長の名前に聞き覚えはないだろうか。そう、中村格氏といえば、安倍首相のお友だちのジャーナリスト・山口敬之氏の事件で捜査に圧力をかけたといわれる警察官僚だ。



●警察庁の中村格官房長が県警本部長を呼びつけ官邸に頻繁に出入り



 奇しくも、山口氏の事件もお酒を飲んで意識のない状態の伊藤詩織さんに性交に及んだという準強制性交容疑だったが、このとき、山口氏への逮捕状執行を止めたと「週刊新潮」に報じられたのが警視庁刑事部長だった中村氏だった。そして、中村氏が菅義偉官房長官の秘書官時代からおぼえめでたく「右腕」ともいわれていたことから、官邸の意を汲んで、捜査に圧力をかけたのではないかという疑惑も持ち上がった。



「中村氏は国会などでも追及を受けましたが、官邸はこの問題が発覚した後、逆に次代の警察庁トップを狙える官房長に起用した。この人事はもちろん論功行賞というのもあると思いますが、官房長は全国の警察組織を監視できるポストですから、忠犬の中村氏は政権にとってもうってつけだったんでしょう。今回も中村氏が圧力をかけたと知れば、その人事がさっそく功を奏したかたちですね」(全国紙政治部記者)



 前出の愛知県警担当記者によると、愛知県警の加藤本部長は警察庁に呼ばれた後、記者たちの取材を受けるたびに「バッジが付いているから立件は難しい」と憔悴しきった表情を浮かべるようになったという。



 しかし、もし中村氏が圧力をかけていたとすれば、当然、その背後にいると考えられるのが、官邸の存在だ。実は「週刊新潮」も3月7日号の記事で田畑氏の事件の捜査に、中村格氏が介入している可能性を示唆していたのだが、そのなかでこんな意味深な捜査関係者のコメントを掲載している。



「田畑さんが刑事告訴された2月上旬以降、警察庁の中村格官房長が頻繁に官邸を訪ねています」



 新潮は一応、官邸が捜査に口出ししていないだろうとしているが、中村氏のこれまでの動きを考えると、官邸に詳細な報告をあげ、連携しているのは間違いない。



「田畑氏の議員辞職も、菅さんが中村さんから捜査状況の報告を受けて、阿吽の呼吸で決めたものじゃないでしょうか。官邸としては、田畑氏を議員辞職させても、逮捕されたたら政権にダメージになりますから、なんとか捜査を潰したいはず。官邸が直接口出ししなくても、中村さんなら、意向を忖度してきっと、これからも捜査潰しに動くと思いますよ」(全国紙政治部記者)



 本当に、捜査はこのまま潰されてしまうのか。しかし、愛知県警は安倍政権の忠犬となった警察キャリアに臆することなく、捜査を尽くさないと、国民の信頼そのものを失いかねないことを肝に銘じるべきだろう。

(編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • 伊藤詩織の本名は、芦暁楠。fbで消しまくられるw  https://twitter.com/officematsunaga/status/1110880723991355392
    • イイネ!6
    • コメント 1件
  • ま〜たリテラがラリッテラ🤪「といわれている」「したのだという」「ではないか」…こんなのだけで記事を作っちゃうって、スゲェな〜おい!🤪
    • イイネ!66
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(36件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定