ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > ミランダ・カーも注目!?発酵食が手軽に!「味噌パウダー」

ミランダ・カーも注目!?発酵食が手軽に!「味噌パウダー」

0

2019年03月06日 12:00  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

日本伝統の発酵食品である味噌は、大豆を麹で発酵させて作られたものです。大豆由来の栄養素に加え、麹菌や発酵過程で生まれる栄養素も加わり、抗酸化力も高い、身体にやさしい食材ですね。

しかし、「毎日お味噌汁を飲むといいとわかっていても、作るのが面倒」、「毎日お味噌汁ばかりでは飽きてしまう」など、なかなか続けられないのが現実ではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、「味噌パウダー」です。美と健康にストイックなファッションモデル、ミランダ・カーも注目しているようですよ!

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して15年、美養フードクリエイターである筆者が、食事に取り入れやすい、話題の「味噌パウダー」をご紹介します。

■味噌パウダーって?

味噌パウダーは、味噌を粉末にしたものです。

メーカーによっては、お湯を注ぐだけでお味噌汁になるように、カツオや昆布、野菜出汁がブレンドされているものもありますが、味噌だけがパウダーになったものもあり、一般的な味噌と同じように、褐色系味噌、赤味噌、白味噌があります。

パウダーになっているため、お味噌汁以外でも調味料として使いやすく、毎日手軽に味噌を取り入れることができます。

■お味噌汁だけじゃない!味噌パウダーの使い方

(1)味噌ドレッシング

いつものドレッシングの塩や醤油などの塩分の代わりに、味噌パウダーを使います。意外と味噌味が気にならず、どんな野菜サラダにも使えます。

(2)味噌マヨネーズ

マヨネーズに味噌パウダーをプラス。コクと香りが加わります。

(3)味噌チーズディップ

クリームチーズと味噌パウダーを混ぜます。野菜スティックやパンにぬって食べてもOK。

(4)味噌ゴマふりかけ

味噌パウダーに、ゴマ、かつお節やいりこを砕いたものなどを混ぜてふりかけに。ご飯とよく合います。

この他、野菜炒めの味付けや、肉の下味、煮魚など、いろいろなお料理に使えてアレンジは無限大。毎日の食生活に手軽に味噌を取り入れることができる味噌パウダー。常備してみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ 料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定