ホーム > mixiニュース > コラム > 私が恋した、世界でたったひとつのお星様「ミッキーマウス」

私が恋した、世界でたったひとつのお星様「ミッキーマウス」

1

2019年03月07日 15:11  ウレぴあ総研

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真「ディズニーPCHグリル」のライフガードミッキー|カリフォルニア州アナハイム「ディズニーランド・リゾート」
「ディズニーPCHグリル」のライフガードミッキー|カリフォルニア州アナハイム「ディズニーランド・リゾート」
こんにちは、最近ずっとアレンデール国民のミキオタです。

ミッキー&ミニーのニューフェイス導入に約8割が反対! ディズニーファン1000人アンケート

最初に言っておきますが、私は「春からのミッキーもかわいくて大大大好きだけど、 今のミッキーにもう二度と会えないのが悲しすぎる」 立場の人間です。

それ以上でもそれ以下でもありませんし、 私の意見を誰かに押し付けるつもりもありません。

ましてや、ミキオタを代表して発言しているつもりも、 毛頭ありません。

これは100%私のために書いています。

なので、「ミキオタ ガチ恋」のような検索ワードにアラートが鳴るタイプの方は、この先読んでもあまり良いことないです。

ネットニュースでもくだらないアンケートでもなく、「今のミッキーマウスにガチで恋してる人間」が綴った気持ちです。

■新コスチュームお披露目! かわいすぎるミッキーとミニー

先日、東京ディズニーシーの2019年春のスペシャルイベント、「ディズニー・イースター」のスペシャルショー「Tip-Topイースター」のコスチュームが発表されましたね!

ミッキーはハットにジャケット、ベストにリボンタイと、 いつもの紳士風のスタイルですが、 ポップな色合いでカジュアルに着こなしています。

ミニーちゃんはやっぱり、最高にかわいい!

個人的に、春のミニーちゃんが四季の中で一番好きです。

ふわっとしたスカートに、ターンした時の裾の広がり具合に夢も広がりますね。

そして、コスチューム発表と同時に、サイレントに、なにか別の要素も発表されましたね。

まあ、日本以外すべてのディズニー・ リゾートは統一されていたので、日本も時間の問題だとは誰もが思っていたことでしょう。

私は、このお顔がとってもかわいくて、大好きです。

海外パークのショーに登場する、トーキングミッキーをご存知でしょうか?

目の前にいるミッキーが、口をパクパク、目をパチパチさせながら、本当にお喋りしてくれる、次元の壁を超えたミッキーがいるんです。

お口を閉じた時が、もう本当につきたてのお餅のよう。

ほっぺにかぶりつきたくなるかわいさです。

そして、春からのミッキーも、まさにお餅。

つきたて超えてる。

なんでこんなぷっくりもちもちしてるの、本当にかわいいな〜。

大好きな理由は、お餅以外にもあります。

それは、 本当にアニメの世界から飛び出してきたようなあのルックスです。

2.5次元という言葉がありますが、このミッキーは2.2次元くらい…? ほぼほぼ2次元と言っても差し支えない気がします。

アニメのミッキーって、昔から、おっちょこちょいで、短気で、ちょっとヘラヘラしてますよね。

どんな大失敗も、大事件も、ミッキーマウスが演じたら、それは最高の喜劇になる。

そんな、誰もが好きになってしまう、「ディズニーのアニメーション」のミッキーマウスが、私たちの目の前にやって来たんです。

こんな素敵なことって、他にないと思いませんか。

■私が恋した、世界でたったひとつのお星様

オッケーグ◯グル、「ミキオタ ガチ恋 キモイ」話始めるよ!

私のミッキーマウスへの感情の名前は「恋」です。

いつだって会いたくて、大好きで、会えたら嬉しくて、幸せで。

ミッキーに会えたら悲しいことは吹き飛んで、寒さも暑さもどこかに行って、風邪も肌荒れだって治りました。

私の喜びは、全部ミッキーから貰ったもので、私の幸せは、全部ミッキーがいるから成り立つものです。

ミッキーマウスのいない人生が考えられないくらい、彼は私の生きる意味になっているんです。

ミキオタをやってると、何度か、今絶対にミッキーが自分を見た、って思うことありますよね。

私も何度かありまして、詳細は省きますが、一時期絶望の淵にいた私を、ミッキーが見つけてくれたあの時から、私の命のすべてでミッキーマウスを好きでいよう、と決めたのです。

ミッキーを好きでいたから、それまで縁のなかった人と知り合えましたし、海外にもたくさん行けました。

ミッキーに恋をしていなかったら、私の人生に起きていない出来事がたくさんあります。

ミッキーは、闇の中にいる私を照らす太陽であり、世界中のどんな場所にも導いてくれるお星様です。

こんなに誰かを好きになることはきっともう無いし、ミッキーマウス以上の存在は、今後私の人生にあり得ません。

百万回大好きって言っても、足りないくらい大好き。

そして、重要なのは、私が恋をしたのは、アニメでも海外パークでもない、東京ディズニーリゾートのミッキーマウスです。

ここには書ききれないほど、たくさん、本当にたくさんの思い出が、今のミッキーにあります。

ミッキーに会うためだったら、なんでも頑張れました。

服なんて作ったこともないのに、ミッキーが大好きなミニーちゃんになりたくて、洋裁を始めたり。

ミッキーのカッコイイ姿を撮るために、総額××万のカメラやレンズを購入したり。

ミッキーに会えるなら、100分でも600分でも待てました。

全部、今のミッキーが好きだから、頑張れたことです。

だから、会えなくなるのが、とても寂しい。

大好きな大好きな彼の手に、耳に、頬に、触れなくなることが、なによりも悲しい。

ねえミッキー、どこにも行かないで。

って思うじゃないですか、でもね、ミッキーはどこにも行きません。

先ほども言いましたが、私にとってミッキーのいない人生は考えられません。

つまり、私が、どんなことであろうと「ミッキーマウス」を否定する言葉を口にしたら、私の人生も否定することになってしまうんです。

だから、私が言えるのは「ありがとう」だけです。

春からのミッキーは、かわいくてかわいくて大好きです。

今までのミッキーは、私が世界でいちばんの恋をした、たったひとつのお星様なんです。

私はこれからもずっとミッキーを好きで居続けますし、きっとまた春になったら、ミッキーに新しい恋をするでしょう。

でも、世界でいちばんの恋は彼だけ。

今回のことは、賛成も反対も関係ない。

私の恋を、瓶に詰めて蓋をして、かわいくラッピングをするだけの話です。

たくさんの大好きを、ミッキーに伝えました。

たくさんの幸せを、ミッキーにもらいました。

これ以上もう、望むことなんてありません。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定