ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 家入レオ、ニューアルバム『DUO』で常田大希(King Gnu)、小谷美紗子らと初タッグ

家入レオ、ニューアルバム『DUO』で常田大希(King Gnu)、小谷美紗子らと初タッグ

2

2019年03月07日 20:30  M-ON! MUSIC

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■家入レオ、ニューアルバム『DUO』参加制作陣の一部が明らかに!

【画像】家入レオの美しさも話題の、アルバム『DUO』ジャケット写真

先日、デビュー7周年を記念して開催された大阪城ホールワンマンライブを大成功に収め、4月17日には自身6枚目となるニューアルバム『DUO』をリリースする家入レオ。このたび、同アルバムの収録曲における制作陣が一部明らかとなった。
ニューアルバム『DUO』には、ロングヒットを記録した14thシングル「もし君を許せたら」(フジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』主題歌)、家入にとって初の映画主題歌となった、尾崎雄貴(warbear, BBHF ex. Galileo Galilei)提供の15thシングル「この世界で」(映画『コードギアス復活のルルーシュ』オープニング主題歌)などが収録されるが、今回初タッグとなる気鋭のアーティストたちからの楽曲提供の第一弾が発表となった。

圧倒的オリジナルセンスと完成度を誇るトーキョーニューミクスチャースタイルで注目されるバンド、King Gnuの常田大希(g&vo)提供の「overflow」、鋭い言葉と、魂を揺さぶる唯一無二の歌で多くの音楽ファンやミュージシャンからも支持を得る小谷美紗子提供の「JIKU」(小谷は同アルバム内で、家入作詞作曲の楽曲のサウンドプロデュースも手がける)、またインディペンデントで活躍を続け、比類なき世界観で圧倒するバンド、相対性理論のメンバーで、Emi MeyerやTHE BEATNIKSのギターサポートなどでも知られる永井聖一提供の「Neon Nights」が収録。

アルバムのさらなる楽曲詳細は、随時公開されていく。

さらに、4月17日発売のニューアルバム『DUO』の封入特典もあわせて発表。5月からスタートする『家入レオ 7th Live Tour 2019 〜DUO〜』の最終日、7月27日開催の幕張メッセ国際展示場9.10ホール公演の公開リハーサルに抽選で招待される企画となっており、家入のライブ前の様子を垣間見ることができる貴重な機会となる。

応募ハガキは、アルバム『DUO』3形態の初回生産分のみに封入。詳細はオフィシャルサイトまで。なお、同ツアーのチケットは絶賛先行予約受付中なので、こちらも早めにチェックしよう。

リリース情報
2018.12.12 ON SALE
DVD&Blu-ray『TIME 〜6th Live Tour〜』

2019.01.30 ON SALE
SINGLE「この世界で」

2019.04.17 ON SALE
ALBUM『DUO』

ツアー特設サイト
http://www.ken-on.co.jp/leoieiri_7th

家入レオ OFFICIAL WEBSITE
http://leo-ieiri.com

[初回限定盤A/CD+DVD]

[初回限定盤B/CD+DVD]

[通常盤/CD]

    あなたにおすすめ

    ニュース設定