ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 『3年A組』に続く女子高生役! 元Dream5・日比美思(ひびみこと)、『名古屋行き最終列車2019』の胸キュンシーンを語る

『3年A組』に続く女子高生役! 元Dream5・日比美思(ひびみこと)、『名古屋行き最終列車2019』の胸キュンシーンを語る

0

2019年03月08日 18:40  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「恥ずかしい気持ちになる瞬間がたくさんあったので、 私は放送前の今もずっとドキドキしています….」(日比美思)

【画像】制服が本当に似合う日比美思

メ〜テレ(名古屋テレビ)にて毎週月曜深夜に連続ドラマとして好評放送中の、名古屋鉄道を舞台にした地域密着ドラマ『名古屋行き最終列車 2019』。
名古屋の冬の風物詩としてすっかり定着した『名古屋行き最終列車』も、今作で第7弾。これまでも出演していた松井玲奈や六角精児ら豪華俳優陣に加え、今シリーズはあらたに寺島進、元宝塚歌劇団の柚希礼音らが出演し、大きな話題となっている。

第8話となる3月11日深夜0時25分からの放送は、 昨年の『名古屋行き最終列車2018』で初々しい女子高生役 を演じ、視聴者をキュンキュンさせた元Dream 5の日比美思(みこと)と 、映画やドラマに出演作が続く若手演技派、岡山天音(あまね) の高校生カップルの1年後を描くシリーズ第2弾。

第1弾ではすったもんだありながら、付き合い始めるシーンで終わった、このふたり。この1年間少しずつ恋を進展させていた模様。しかしふたりは高校三年生。陽介(岡山天音)は難関大学を受験するのにのんびり構えている。ゴルフ部での実績により推薦で大学が決まっている愛子(日比美思)は陽介のことが心配でならなかった。そして愛子は「人生いいこと悪いこと質量保存の法則」に則って、ある決断を下すのだった……。

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』や『さくらの親子丼2』に出演し、女優として羽ばたこうとしている日比が、 このドラマの感想と見どころを語った。

日比美思 コメント
今年も、スタッフキャストの 方々と会えることがすごくうれしくて、胸がぎゅ〜っといっぱいになるくらい幸せでした 。今回は去年よりグッと、愛子ちゃんと陽介くんの距離が近くなっているのですが、愛子ちゃんのある決断で、少しずつふたりがチグハグしていきます。陽介くんとの撮影でお互いの顔がとても近いとき、あ、鼻息を気にしなくちゃいけないんだ! と気付きました。それからずっと息を止めていてホント大変でした。そういう恥ずかしい気持ちになる瞬間がたくさんあったので、私は放送前の今もずっとドキドキしています……。
空回りして、いろいろなことが上手くいかなくて、それでも頑張らなくちゃって一生懸命になって。そんな初めての恋をしている愛子ちゃんを、どうか、見守っていただけたらうれしいです!

番組情報
メ〜テレドラマ『名古屋行き最終列車2019』
毎週月曜24:25〜24:55
出演:松井玲奈 ほか
放送回数:全10話
放送エリア:東海3県(愛知・岐阜・三重)
※ひかりTVにて4K配信

『名古屋行き最終列車2019』番組サイト
https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2019/

『名古屋行き最終列車2019』番組公式Twitter

https://twitter.com/nagoyatv_drama

『名古屋行き最終列車2019』番組公式Instagram
https://www.instagram.com/nagoyayuki2019/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定