ホーム > mixiニュース > トレンド > 仙台名物「ずんだ餅」が洋風スイーツに! ずんだティラミス、ずんだパンケーキも...

仙台名物「ずんだ餅」が洋風スイーツに! ずんだティラミス、ずんだパンケーキも...

1

2019年03月09日 06:20  Jタウンネット

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真玉澤総本店公式サイトより
玉澤総本店公式サイトより

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2019年2月28日放送の「バンデス記者」のコーナーでは、宮城名物の「ずんだ」について紹介していました。


ずんだとは枝豆をすり潰してペースト状にした物のことをいい、お餅の餡として食べられることが多いです。

仙台の名物グルメ「ずんだ」

ずんだの由来は、ずんだを作る際に枝豆を擦り棒で潰して作りますが、その豆を打つ「豆打(ずだ)」がなまって「ずんだ」になったそうです。

ちなみにどちらも見かける「ずんだ」と「づんだ」の違いですが、戦後読み仮名表記の改正で「づ」を「ず」に変更された為、現在は「ずんだ」となっています。ですが、昔からやっている老舗は現在でも「づんだ」と表記することが多いとのことです。

おすすめのずんだスイーツは?

まずは、青葉区北目町にある老舗「村上屋餅店」。看板メニューは「づんだ餅」です。枝豆の味を最大に引き出し、クリーミーに仕上げたずんだの味を求めて全国の人が足を運んでいます。

次に紹介されたのは、青葉区一番町にある「玉澤総本店」。こちらではずんだのスイーツ「ずんだティラミス」を食べることができます。ずんだとマスカルポーネチーズを使用していて、滑らかな食感とずんだのつぶつぶが同時に味わえ、和のイメージを覆すスイーツになっています。

続いて、青葉区にある大人気たい焼き店「鯛きち」の「ずんだたい焼き」。だだちゃ豆と茶豆をブレンドしたオリジナル餡を使用していて、気軽にずんだを味わえると県外の方から人気の高い一品です。白玉が入っているのも魅力の一つです。

最後に紹介されたのは、青葉区中央にある「Eggs 'n Things」。全国的にも人気なパンケーキ店で、土日は常に大行列です。仙台店オープン2周年記念メニューとして「ずんだパンケーキ」が登場しました。ずんだ餡がふんだんにかけられていて、高さ15センチのいちごのホイップクリームとの相性バツグンです。さらに白玉やあんこ、栗がトッピングされており、和のテイストが楽しめる仙台店オリジナルメニューになっています。

他にも常温で持ち歩けるずんだ土産として、お茶の井ケ田で販売している「仙台ひとくちずんだ餅」や、萩の月で有名な菓匠三全で販売している「ずんだショコラリング」などが紹介されました。

様々な形でずんだを楽しめるので、好みの一品に出会えること間違いなしです。(ライター:rin.)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定