ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > Google、「スマートディスプレイ」で「続けて会話」を有効に

Google、「スマートディスプレイ」で「続けて会話」を有効に

0

2019年03月11日 09:52  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 「Google Home Hub」
「Google Home Hub」

 米Googleは3月8日(現地時間)、米国の英語版AIアシスタント「Googleアシスタント」搭載のすべての「Smart Display」で「Continued Conversation(日本では「続けて会話」)」を有効にしたと発表した。



【その他の画像】



 Google純正の「Google Home Hub」だけでなく、Lenovo、LG Electronics、JBLが販売するSmart Displayでも利用可能だ(いずれも日本未発売)。



 「続けて会話」は、最初に「Hey Google」と呼び掛けた後、いちいち「Hey Google」と言わなくても人間同士のようにGoogleアシスタントと会話を続けられる機能。米Amazon.comは昨年3月に「Alexa」の機能として、Googleは5月にこの機能を発表し、Googleアシスタント搭載スマートスピーカーで有効にした(米国の英語版のみ)。



 日本語版のアシスタントアプリにも「続けて会話」の設定項目は昨夏ごろからあるが、「現在、英語(米国)にのみ対応しています」と表示されたままだ。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定