ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 置くと部屋が華やかに♡春に飾りたいスワッグの作り方と6つのデザイン例

置くと部屋が華やかに♡春に飾りたいスワッグの作り方と6つのデザイン例

0

2019年03月12日 11:00  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
■基本のスワッグ、どうやって作る?










View this post on Instagram





















Flower shop Atelier Moa/アトリエモアさん(@flower.shop.moa)がシェアした投稿 - 2018年11月月6日午前5時12分PST

【詳細】他の写真はこちら






まずスワッグに使う草花の下葉を取り除きます。10センチ程度を目安にしましょう。次に草花をまとめていきます。主役となる草花が正面に来るように、向きや角度を調整しながらまとめていくのがポイントです。最後にひもやワイヤーで束ねたら完成!束ねた部分をリボンや麻ひもで隠すようにするとおしゃれな仕上がりに♡壁に掛ける部分は、フック状に曲げたワイヤーやループを作ったひもを使って作りましょう。使う材料や飾りはもちろん、スワッグ自体のサイズや広がりなどでがらっと印象が変わりますよ。

■ミモザをたっぷり使えば存在感のあるスワッグに

出典:@jeanne_kokeshiさん

春を感じさせる鮮やかなイエローのミモザを主役にしたこちらのスワッグ。@jeanne_kokeshiさんが庭で育てているユーカリとローズマリーを合わせて、イースター仕様に作ったそうです♡たっぷりのミモザとハーブで作られたスワッグは存在感抜群。イエローとグリーンの2色でも華やかな印象ですね!

■イエローにパープルを合わせればスタイリッシュな印象に

出典:@wakaba_hau_treeさん

ミモザのイエローにスターチスのパープルが映える@wakaba_hau_treeさんのスワッグ。2色のカラーが映えるように、カスミソウやユーカリなど落ち着いた色味の草花を添えてあります。春らしい色味のものがいいけど、スタイリッシュな印象に仕上げたい…そんなときはミモザを主役に青みのあるパープルのアクセントをプラスしてはいかがでしょうか?

■イエロー×ピンクの春らしい色使いでインテリアに季節感を

出典:@okada.shizukaさん

こちらはミモザにピンク系のスターチスを合わせた明るい色味のスワッグ。色味で春らしさを表現したいときには、イエローとピンクの2色使いがおすすめです。@okada.shizukaさんのように束ねた部分にリボンを飾る場合、イエローとピンクの色味を引き立てるベージュ系の控えめカラーを選ぶとバランス◎

■落ち着いた色味のピンクならインテリアに合わせやすい

出典:@petit_tresor_rさん

@petit_tresor_rさんのスワッグに使われているのは、スターリンジャーやルリダマアザミ、ソフトミニカスミソウなど。もともとハーバリウムに使っていた花材を活用して作ったそうです♡ピンクを使ったスワッグには春らしさがありますが、インテリアへの合わせやすさも気になるところ。こちらのスワッグのように落ち着いた色味のピンクを使えば、春らしさと合わせやすさの両方が叶いますよ。

■濃いめピンクのワンポイント使いも

出典:@fuku_milkさん

春らしさのあるスワッグは、全体的に淡い色味でまとめているのがポイント!淡いグリーンやホワイトをベースに作るのもアリですが、そのままだとぼやけた印象になってしまうことも。@fuku_milkさんのように濃いめピンクの締め色をプラスすれば、アクセントになって全体の印象が引き締まりますよ。

■ふわっとしたピンクカラーで華やかな印象に!

出典:@plumleaf705さん

落ち着いた色味のものや、明るいオレンジ系など、いろんな種類のピンクカラーが使われているPlum Leaf(プラムリーフ)さんのスワッグ。それだけでも春らしいふんわり感がありますが、グリーンを下に長く垂らすことによって、華やかさがグンとアップ!春らしいのはもちろん、華やかさもあるエレガントなスワッグになりますよ。

■スワッグを飾るなら季節感を意識したデザインに
これからの季節にスワッグを飾るなら、春らしいイメージで選んではいかがでしょうか♡手作りしたい人はもちろん、好みに合ったデザインのスワッグを探している人はぜひ参考に!イエローとピンクのカラーをキーワードに、季節感を意識してくださいね。

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    ニュース設定