ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > SixTONES・松村北斗が出演する『パーフェクトワールド』、ちょっとした“奇跡”を起こして話題

SixTONES・松村北斗が出演する『パーフェクトワールド』、ちょっとした“奇跡”を起こして話題

0

2019年03月12日 19:32  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真写真

 4月から放送される火9ドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)の豪華キャスト陣が発表され、SixTONES・松村北斗の出演が決定。ジャニーズファンからは歓喜の声が上がっている他、ちょっとした“奇跡”も注目されていた。

 SixTONESはジャニーズJr.内の人気ユニットで、メンバーは高地優吾、京本大我、田中樹、ジェシー、森本慎太郎、松村の6名。まだCDデビューこそしていないものの、すでに多くの支持を集めている。松村は昨年「ViVi」(講談社)が発表した「国宝級NEXTイケメン」ランキングで2位に輝いた注目株。ジュニアでありながら大人っぽいセクシーな印象で、多くのファンを虜にしてきた。

 そんな松村が『パーフェクトワールド』で演じるのは、松坂桃李演じる主人公・鮎川樹の友人役。中々美味しい役どころで、松村のファンからは「推しが活躍してくれて自分のことのように嬉しい!」「松坂桃李くんと共演とかすごいじゃん」「北斗くんの時代がきたな」「本当に“顔がいい”からもっといろんな人に知ってもらいたい!」と歓喜の声が相次いでいる。

「松村の大抜擢に沸く中、間接的な“ほくじゅり”に喜ぶファンも多いようです。ほくじゅりの“ほく”は松村のことで、“じゅり”はSixTONESメンバーである田中樹のこと。スキンシップが多めな2人の絡みはファンに好評で、“ほくじゅり”として2人セットで愛されています。今回のドラマで松村は松坂の友人役として出るのですが、主人公の名前は鮎川“樹”。そのため『樹の友人役で北斗くんが出演するとか運命を感じる』『唐突な“ほくじゅり”は心臓に悪いからもっとやって』『間接的な“ほくじゅり”尊い……』『新しい火9が実質“ほくじゅり”だった』との声が相次いでいました」(芸能ライター)

 主人公の役名でまさかの“ほくじゅり”が成立してしまった『パーフェクトワールド』だが、たった1回の偶然の一致はよくあること。ファンが熱狂している理由はこれだけではないという。

「松村は昨年『クロスロード3 群衆の正義』(NHK)にも出演していたのですが、同ドラマでは“飯塚伸”という大森臨港署の警務課員役を演じていました。そして飯塚の同期であるキャラクターは、神田穣演じる刑事“田中啓介”。こちらは“田中”の部分が田中樹の名前と被っています。つまり偶然の“ほくじゅり”が成立したのは今回が初めてではなく、『2回連続で“ほくじゅり”になるのはすごい!』『これもう偶然じゃないよね?』との声も。『スタッフ側が狙ってるのでは?』などとも囁かれています」(同)

 ファン以外の人から見れば“ちょっとしたこと”かもしれないが、それだけ“ほくじゅり”が求められているとも言える。2人には今後も様々なところで、イチャイチャを見せつけてもらいたい。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定