ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 巡り&免疫力アップ!季節の変わり目を乗り切る「歩き方」

巡り&免疫力アップ!季節の変わり目を乗り切る「歩き方」

1

2019年03月13日 19:30  つやプラ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

季節の変わり目は、体調を崩しやすい時期です。生活習慣や食事、運動など、体調を崩さないために気をつけるべきことは多くありますが、「免疫力を高めること」も大切です。

実は、運動面からも免疫力を高める方法があるのです。

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、運動で免疫力を高め、季節の変わり目を元気に乗り切るための「ウォーキング法」をご紹介します。

■運動で「免疫力」がアップする理由

身体を動かすことにより巡りが良くなり、体温が上昇します。また、運動を続けると筋肉量がアップして基礎代謝量が上がりますので、体温が36度以下という不調のもと「低体温」防止には、筋肉量アップが効果的です。

ウォーキングのように緩やかな運動は、強度が低く、長い時間行うことができるため、正しいウォーキング方法を行えば筋力アップが期待できます。

■免疫力低下チェック

下記に免疫力が下がる要素の項目をあげました。当てはまるものがどのくらいあるか、チェックしてみてください。

□疲れやすい、体調を崩しやすい □外食が多い □ストレスが溜まっている □運動不足 □不規則な生活 □寝不足 □喫煙 □過度な飲酒

項目は、日常生活の乱れや食の乱れ、運動不足などの項目です。全て整えることはむずかしいかもしれませんが、当てはまる項目が少なくなるように心がければ、免疫力アップに役立ちます。

■日常で免疫力アップのウォーキング法

「運動で免疫力アップ」といっても、強度の高いものや時間を要するものは長つづきしません。そこで、日常動作の1つである「ウォーキング」の方法を変えて、免疫力をアップさせましょう。

次の3つのウォーキングポイントを意識してみてください。

(1)姿勢を正しくする (2)歩幅を大きくする (3)速足で歩く

上記3つをふまえたウォーキング法にすると、巡りが良くなり、筋肉量が増えて、免疫力アップに効果的です。さらに筋肉量を増やしたい場合は、軽めの筋トレを2〜3日に1回程度行うと効果的です。

日常のウォーキングを変えることで、三寒四温の春も健やかに過ごしましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂 靖子
10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定