ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 堤真一×柳楽優弥『泣くな赤鬼』特報映像&ポスター公開 主題歌は竹原ピストル書き下ろし

堤真一×柳楽優弥『泣くな赤鬼』特報映像&ポスター公開 主題歌は竹原ピストル書き下ろし

0

2019年03月14日 07:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 6月14日に公開される堤真一主演映画『泣くな赤鬼』より、特報映像とポスタービジュアルが公開され、主題歌が竹原ピストル初の映画主題歌完全書き下ろし楽曲となる「おーい!おーい!!」に決定した。


参考:動画はこちらから


 本作は、重松清の短編集『せんせい。』に所収されている同名小説を映画化したヒューマンドラマ。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた南工業野球部監督・小渕隆。甲子園出場一歩手前までいきながらも夢叶わず、10年がたった今では野球への情熱は衰え、疲れた中年になっていた彼が、かつての教え子・斎藤智之(ゴルゴ)と病院で再会し、向き合っていく模様を描く。


 赤鬼先生を堤、ゴルゴを柳楽優弥、ゴルゴの妻を川栄李奈が演じ、鬼先生こと小渕隆の妻・小渕陽子役を麻生祐未、ゴルゴの母・斎藤智美役をキムラ緑子、かつて城南工業でゴルゴと共に甲子園を目指した和田圭吾役を竜星涼が務める。


 公開されたポスタービジュアルでは、堤と金髪の柳楽が並んで歩く姿が切り取られ、「俺の生徒になってくれて、ありがとう」とコピーが綴られている。


 特報映像では、竹原ピストルの主題歌を使用。赤鬼先生とゴルゴの再会の場面や、甲子園出場を目指すゴルゴの高校時代の様子、バスの車中で外の景色を眺めながら涙を必死にこらえる赤鬼先生の姿が描かれている。


 また、主題歌を担当する竹原ピストルからのコメントも公開された。


竹原ピストル コメント


引きずりこまれるように、すっかり親身になりながら、台本を読みました。
映画の中でも存分に描かれるであろう事柄達に野暮な干渉、邪魔をしないように気をつけながら、それでいて、この登場人物のこのときの状況、心境、自分にも身に覚えがあるなぁ…といううっすらとした接点、共感を見つけて、そこから膨らませて書いた歌です。
物語をそっとかすめながら、そっと胸に響くような、そんな歌となっていたら嬉しいです。
素敵な作品に歌で関わる機会をいただけて、幸せです。 (リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定