ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『QUEEN』竹内結子は第一線で輝き続ける クランクアップに涙するほどの、“主演としての熱意”

『QUEEN』竹内結子は第一線で輝き続ける クランクアップに涙するほどの、“主演としての熱意”

0

2019年03月14日 10:21  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 地上波ドラマ6年ぶりの主演作『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系、以下『QUEEN』)の最終回が迫り、竹内結子の演技への反響が多く集まっている。役と共に責任感を持ち走り続ける姿は、女性としてだけではなくキャリアを持つ一人の人間としても輝きを放つ。ドラマの放送期間中には結婚も発表。3月10日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では、水川あさみ、斉藤由貴と共に出演し、竹内の主演を労いながらトークを展開。共に1つの作品を乗り越えた仲間との絆が固く、クランクアップの際の話題では、水川を抱きしめながら子どものように泣いたと話していた。番組内ではそれを思い出し、再び涙。女性として新たなライフステージを駆け上がっていく様子を物語っていた。


【写真】『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』最終話シーン写真


 そんな竹内は数々のテレビドラマ出演で人気を博した女優である。デビュー作はフジテレビの『新・木曜の怪談 Cyborg』、その後NHK連続テレビ小説『あすか』で注目を集めた。視聴者にとっては『ランチの女王』や『プライド』(ともにフジテレビ系)などでの活躍が特に記憶に焼き付いていることだろう。次のクールから始まる『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)の前身となる『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)では主演を務め、作品の名を一躍有名にした。キャリアとしては申し分ない女優である。出産、子育てを経験しながらも、今もなお主演を張り、芝居に向き合い続ける姿は凛と輝く。しかしそれほどの竹内であっても、主演というのは格別に肩に力の入るものなのだ。


 冒頭に述べたように、今回、『QUEEN』では地上波ドラマ6年ぶりの主演を務めた。芸能の世界では、時々、作品の主演を張る人物を“座長”と呼び、そして座長に「率いてもらう」という感覚で作品を作っていくことが多い。『ボクらの時代』で斉藤が、竹内の座長ぶりについて、苦労もあったのではないかと問いかけると、「この作品に関することには、いつも自分がついてまわってしまう」と責任を感じていることを明かした。主演というのはこの世界において、メインで芝居をするということ以上に背負うものがある。竹内はそんな責任感を全うし、クランクアップでは思わず子どものように泣き出してしまうほど作品にのめり込んでいたのだった。


 ドラマ関係者によると、本作の現場で竹内は、セット撮影の際には、カットの後に必ずプレビューを確認し、監督とすり合わせをする、そして誰よりも先にセットに戻り次の撮影に備えていたという。座長としての責任感と芝居に対する熱意が感じられる。


 『QUEEN』では、スピンドクターという異色の弁護士を演じ、色香漂う魅力を見せている竹内。イヴ・サンローランやブシュロンの衣装を華麗に着こなし、鼻にかかったような愛らしい声で人を操る姿は個性的にも映る。作品のオンエア中はその竹内の魅力に対しての賛辞や、共演の水川あさみとのお茶目なやりとりに対し「かわいい!」「癒される」などという声がSNS上で散見される。水川との関係は役の名前から「氷見与田」と呼ばれ、2人の掛け合いのシーンでは決まって“氷見与田ツイート”が溢れるほど注目された。6年ぶりの主演であっても、竹内は座長としてのブランクを感じさせない力強さを見せた。


 『QUEEN』はいよいよ最終回を迎えるが、竹内の最大の見せ場に、胸を打たれるだろう。美しいだけでなく、芝居に安定感があるだけでもない。心強さ、頼もしさを感じられる女優だからこそ、今もなお第一線を走り続けているのだろう。


(Nana Numoto)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定