ホーム > mixiニュース > スポーツ > 格闘技 > 貴乃花光司“第3の人生”では意外すぎる分野に挑戦!ついに家族への本音も告白

貴乃花光司“第3の人生”では意外すぎる分野に挑戦!ついに家族への本音も告白

0

2019年03月15日 14:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

元貴乃花親方こと貴乃花光司が、3月20日(水)21時放送の特番『ザ・発言X〜勝負の1日』(日本テレビ系)に出演することがわかった。番組では昨年、大相撲の世界から身を引き、公私ともに大きな転機を迎えた貴ノ花への密着取材を敢行。その過程で、貴乃花本人から、“次なる挑戦”が明らかにされた。

この番組は芸能人の一世一代の人生をかけた“勝負の1日”に迫るトークバラエティで、MCをネプチューン(名倉潤、堀内健、原田泰造)と日本テレビの徳島えりかアナウンサーが担当。スタジオゲストとして、貴乃花のほか、細木かおり、木村多江、高橋真麻、マリウス葉、萬田久子らが出演する。

カメラは、昨年の12月初旬に京都で行われた貴乃花と瀬戸内寂聴との対談に潜入。今後の人生について寂聴から様々なアドバイスをもらった貴乃花は、その帰りの道中で「あることに挑戦したい」と番組スタッフに打ち明ける。年明けから貴乃花の挑戦はスタートし、番組はその過程を密着取材。スタジオに登場した貴乃花本人の口から、“第3の人生”で挑戦する分野の職業が明らかにされると、MCのネプチューンをはじめ、ゲスト陣は皆、あまりの意外性に驚きを隠せない様子だった。

また今回、新たな職業を始めるにあたって、貴乃花はこれまで口を閉ざしていた“家族への思い”を告白。15歳までの家族の思い出、4人で食卓を囲んだ話、母の手作りの唐揚げが大好きだった話、学生時代に兄が守ってくれた話、そして、転機となる15歳のときの入門によって、それまでの家族関係が大きく変わったエピソードなどが貴乃花から語られる。

名倉から、なぜ今、家族のことを話す気になったのかと問われた貴乃花は、「引退したっていうのが1番大きいです。元の自分に帰れるといいますか。入門してから、弱いところを見せられない……っていうのもあって。もう人生も46(歳)ですので、折り返し地点じゃないかな、と思います。素直に、元に帰れるようにしようと」と心境を明かす。新しい職業については、「正直な自分の姿を見せないと出来ない仕事」と語る。

貴乃花は、どんな分野に新しく足を踏み出すのか? そして家族に対しての本音とは−−その全貌は放送で明らかになる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定