ホーム > mixiニュース > トレンド > レトロな町で昭和な洋食を味わうグルメ旅

レトロな町で昭和な洋食を味わうグルメ旅

1

2019年03月16日 10:02  オズモール

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

オズモール

写真写真
◆【熱海グルメ】懐 かし味 の 洋 食 に ホッ!ひとりじっくり味わいたいレトロな洋食

昔ながらの温泉地・熱海は新幹線で約50分と気ままなひとり旅にぴったり! ここはノスタルジックな洋食店をはじめ、昭和な商店街や喫茶店が残る町。そんな中に素敵なカフェやゲストハウスなどが登場し、若い女性の人気も高まっている。今度の休日には、レトロな町・熱海でレトロな洋食を味わう、ほっこりグルメ旅を楽しんでみませんか?



上/エビの風味が口に広がるオムライスは1Fで。サラダバー、ドリンク付き850円 左下/コーヒー 450円は、豊かな香りとまろやかな深み 右下/晴れた日は店内から初島も見渡せる
熱海一歴史がある喫茶店の
名物エビ入りオムライス
昭和22(1947)年創業の老舗コーヒー店で、2階は海を一望できる優雅なカフェ&レストラン。約40年前に誕生したオムライスは、鶏肉ではなくエビが入っているのがこの店ならでは。通常は1階でいただけるメニューだけれど、2階でもオーダーできる。宮内庁御用達のコーヒー豆を使用した自慢のコーヒーも堪能して。
Cafe&RestaurantNagisa(カフェアンドレストラン ナギサ)
TEL.0557-81-4771(1F) 0557-81-8001(2F)
住所/静岡県熱海市渚町10-5 
営業時間/1F 9:00〜17:00 2F 11:30〜21:00
定休日/火定休
予約/可
カード/可
アクセス/JR熱海駅より徒歩15分



上/.ハンバーグ、エビフライ、カニコロッケが並ぶランチB1000円。パンorライス付き 左下/家庭的でひとりでも入りやすい雰囲気 右下/フランス語で「夕暮れ」という店名も作家・谷崎潤一郎が命名
カラフルな外観がかわいい
穴場のイタリアン
路地裏に佇む、創業42年目のイタリアンレストラン。先代が営んでいた輸入食料品店の得意客だった作家・谷崎潤一郎のすすめで開いた店で、落ち着いたインテリアが心地いい。昼は3種類あるランチセット950円〜がおすすめ。ディナーなら、イカ墨のパスタ1000円などをワインとともに。
ル・ソアレ
TEL.0557-81-9235
住所/静岡県熱海市中央町9-9 
営業時間/12:00〜14:00 17:00〜21:00
定休日/日定休(人数によっては予約すれば営業可・応相談) 
予約/可
カード/不可
アクセス/JR 熱海駅より徒歩16分、またはJR来宮駅より徒歩9分



上/ジューシーなもち豚を使用したポークジンジャー 1000円。アツアツの鉄板で登場する 左下/やさしい笑顔の2代目・内田正さん 右下/ブルーのタイルやパーテーションもレトロ感漂う店内
昔ながらの味を守る
熱海駅前の洋食店
熱海駅のロータリー前に店を構えて60年以上。吹き抜けの2階へと続くらせん階段や年代物のコーラストッカーなど、店内はレトロモダンな雰囲気。洋食の王道メニューが並ぶ中、隠し味に赤ワインを加えた秘伝のジンジャーソースがかかったポークジンジャーは、ごはんが進む人気の1品。
レストラン フルヤ
TEL.0557-82-4048
住所/静岡県熱海市田原本町8-9
営業時間/11:00〜17:00
定休日/不定休
予約/可
カード/不可
アクセス/JR 熱海駅よりすぐ



上/味付けはケチャップと塩・こしょうだけ。シンプルだからこそおいしい鉄板ナポリタン750円 左下/大きな窓からは海が望める 右下/マスターの内田雄巳さん・香代子さん夫妻と娘の彩乃さんが営むお店は、海岸通りにあり、真っ赤なひさしが目印
海を望むレトロな空間で
昔ながらの鉄板ナポリタンを
昭和43(1968)年創業の喫茶店で、現マスターの内田さんご家族が先代の味を守り続けている。当時のレシピで作る鉄板ナポリタンのほか、クリームソーダ750円など懐かしいドリンクも人気。テーブルや椅子なども創業時のままという落ち着ける店内で、海を眺めながらくつろいで。
喫茶 サンバード
きっさ サンバード
TEL.0557-81-3667
住所/静岡県熱海市東海岸町2-15
営業時間/9:00〜19:00(18:30LO)
定休日/水・月1回木定休
予約/不可
カード/不可
アクセス/JR熱海駅より徒歩10分


このニュースに関するつぶやき

  • 熱海か。頑張れば行ける(^-^)。レトロ大好き�����ϡ���
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定